公募登山隊

笹本稜平の「還るべき場所」という本を読んだ。
       笹本稜平

k2という山で恋人を失った喪失感から抜け出せないでいた主人公が、友人の公募登山隊のサポートとして再び山へ・・・
しかも登山隊が登るブロードピークという山はK2と目と鼻の先にある山なのである。


主人公そのものより興味を持ったのが公募登山隊というシステム。

登山隊というと大学とか社会人の山岳会などがチームを組んで大掛かりにやるか、山野井泰史さんたちみたいにごく個人的に登るというのが当り前だと思っていた。

ネットで検索したらヒットしたのが「Adventure Guides」という会社で公募登山隊はその中の一部なのだが年間何回も出かけている。
チョモランマ・K2・チョ オユーなど時間もお金もかかるだろうが登山の経験が豊富でないと登れないような山がずらりと並んでいる。

そして最も面白く感じたのがパソコンを持ち込んで画像付きでブログが書かれていることである。
ブログが発信できない時は東京の事務所から発信している。

行った人たちと同じように、リアルタイムで今日は何処まで登ったかとか悪天でテント内に閉じ込められているとかを感じられるようしてあるのは営業上も有効だと感じた。

商業登山だと悪口を言う人もあるが、登りたい人を出来るだけ安全にサポートする仕事があってもいいのではないかと思った。

本の中に書いてあった言葉 「山は誰にでも平等だ!」


ホームページのお出かけ写真集に花フェスタ公園その3をアップしました。
neko
Posted byneko

Comments 2

There are no comments yet.

いも子  

nekoさん今晩は
けんけんブログを訪問してみました。

花フェスタ公園その3をアップしました

バラの花の種類の多さに驚きを覚えました。
似ていてもぜんぜん名前が違いチンプンカンプン
こうして保存しておけば、後々役立つ事間違いなしですね。

2009/08/26 (Wed) 19:31

neko  

Re: タイトルなし

いも子さんへ

サーバーのトラブルでコメントの返事を何回書いたやら・・・
書くのは書けるけど送信になると×。

けんけんブログの山の写真がいいでしょ?
70歳でモンブランに登頂された女性なんて本当に素敵な笑顔でこちらまで嬉しくなりました。



2009/08/27 (Thu) 06:18