再利用は可なり!

狭い畑でも夏には色々な野菜を作りたい。

キュウリやササゲ・ゴーヤなど蔓物は勿論、ナスやトマトなども支柱が要る。

プラスチックの支柱も何年かするうちに劣化して折れたりする。
太い物は結構な値段である。

「河川敷で竹をとってくればいいじゃないの!」とアドバイスを受け、場所なども教えて貰った。
旦那さんにお願いした。

汗みずくになって30本ほどとってきて貰えた。一番に作ったのがパッションフルーツの鉢用の物。
         オナゴダケ        パッションフルーツの手

続いては畑のゴーヤ・キュウリの手となった。

廃材利用では、昨年の夏から秋にかけて終わった作物を柿の木の下に積んで置いた。
それを敷き藁代わりに野菜の下に敷いた。

廃材利用




畑で辛うじて生きている証拠の物を見つけた。
皇帝ダリア。
昨年もそうだったが根っこから茎にかけて、今年もアリの棲家となっていた。
アリ退治の薬は撒いたが残っていた幹がグラグラするほどだったので諦めていた。

しかし、さすが皇帝の名に恥じない強さだ。
芽が出て来ているのを発見し、生命力の強さに驚いたり、感動したりであった。

皇帝ダリアの芽

これで開花したら拍手喝采であろう!

neko
Posted byneko

Comments 6

There are no comments yet.

みよ  

再利用 リユースああいい言葉ですねー。野菜の残渣(ざんさ)。はじめて聞く言葉です。この前の自然農法の講義の時にも聴きました。
コウテイダリアは去年の株からもう1メートルも伸びたのやら20センチのやら。挿し芽のも何個かあります。ほしい人手を挙げてチヨーダイ。

2009/05/12 (Tue) 11:24

yu-ri-  

暑い中 本当にご苦労様の一日でしたね。
野菜たちも、天然の支柱を添えてもらいきっと喜んでいますよ。
頑張って実のらなくちゃ・・・と

2009/05/12 (Tue) 20:13

neko  

Re: タイトルなし

みよさん、こんばんは!
残渣(ざんさ)
この言葉、私も自然農法の講習ではじめて知りました。
で、今年初めて利用しています。

2009/05/12 (Tue) 20:41

neko  

yu-ri- さん、こんばんは!

熱い気持ちに応えてくれるかしら?
そうなればいいですね。

2009/05/12 (Tue) 20:44

あゆ  

nekoさん こんばんは、

竹ですが、皮を剥いておいた方がよいと思います。水分がたまって腐りやすくなります。
今の時期の竹は虫が入りやすく、かびやすいのでご注意を!
竹は寒の時期に取ってきたほうが長持ちすると思います。
私は2月に取りに行きます。それでも虫が入る事がありますが、、、
気に触ったらごめんなさい。

支柱代も馬鹿になりませんですね!

ゴーヤ!よい苗になりましたね。私のところは15個蒔いて貧弱なものが2株しか芽を出しませんでした。
うらやましいです。

2009/05/12 (Tue) 21:02

neko  

あゆ さん、こんばんは!

良い事を教えていただきました。
何しろ竹をとって来るのさえ初めてなので、今年は支柱を買わなくても済むと大喜びなのです。
まあ時期を失したのは仕方がないので、せめて皮だけは剥ぐ事にします。

貴重な情報をありがとうございました。

写真の3点の苗、全部頂き物ばかりです。
自分で蒔いたゴーヤはやっと双葉が出てきたところです。

2009/05/12 (Tue) 21:58