西行

西行さんの歌のFlashを見ていて、以前新聞小説で西行の事を読んだのを思い出したが、作者も題名も思い出せない。

苦しい時のネット頼み。 夢枕 獏著 「宿神」であった。

夢枕氏の小説であるから精霊とかちょっと分からないような部分もあった。
出家してからの話ではなく、平清盛などと同僚の北面の武士である頃の華やかな時代。
歌・流鏑馬・蹴鞠などどれをとっても一流だった若者。
一転して妻子も残して22歳で出家をしてしまったのか?

22歳で出家して73歳で亡くなる。
しかもこの歌のように2月16日に・・・。
ドラマチックである。

neko
Posted byneko

Comments 0

There are no comments yet.