「ソロモンの犬」と「竹林精舎」

玄侑宗久の「竹林精舎」を勧められた。
ネットで検索したら道尾秀介の「ソロモンの犬」の登場人物を使って書いたと玄侑氏も言っている。
ので両方借りて来て、まずは「ソロモンの犬」から。
うーん。4人の男女の青春物語という感じなのだが自分としては丸はつけられなかった。

「竹林精舎」は東北震災の後、出家した若者の生活や気持ちなど描かれていてこちらは良かった。
ソロモンの犬の4人の名前は少しは変えてあるが、前の話はそのまま踏襲されていてちょっぴりおかしい。
玄侑氏は道尾氏に勿論了承を得て書かれている。
ソロモンの犬と竹林精舎

跡継ぎがいないお寺では住職に来てもらうのも大変だが、縁あってとはいえ来た人も全く知らない人たちとの交流もなかなか難しそうというお話も入っていた。
我が師匠寺は自分の知っている限りでは住職は代々血筋の人がされている。


水ぬるむという光景。ヌートリアが三匹もくつろいでいた。
ヌートリア三匹
neko
Posted byneko

Comments 8

There are no comments yet.

なべちゃん  

私の友達のご主人が他所から来て住職をしていらっしゃるけど、友人は一切お寺の事には拘わらないって・・・(でも、食事会の時には沢山の細かいお金を持って来ていたよ、多分、お賽銭w)
息子さんも継がないと言って出られたので、いずれそのお寺を出なくてはと言って、娘さんに家を建ててあげて、私はそこへ入ると言っていたけど、今はどうしているのかなー?
小説ではなくて現実の話を思い出しましたw

2020/02/15 (Sat) 07:19
neko

neko  

To なべちゃんさん

お寺の住職の奥さんが寺に関らないとおっしゃっていたとの事、私には信じられません。
そのようでは檀家の方々も気持ちが寂しい事だと思います。

小説内では、たった60軒の檀家の人たちが毎月1万円ずつ積み立てをして屋根を直したり、お風呂場をきれいにしたりして新しい住職を迎える。
そんな本を読んで、今まで自分は「お寺にはなにかと寄付させられる」という意識が強かったのを少しは反省させられました。

2020/02/15 (Sat) 09:06

いもこ  

おはようございます。

お寺の仕組みはよく解りませんが、時代が変わるにつれだんだん難しくなっていくようですね。

先日TVで、定年退職をされたお寺とは全くかかわりのない方が、修行をされ新しい住職としてお寺を受け継いでいく、そのような内容で放送されていました。

2020/02/15 (Sat) 09:17

まめ子  

お寺問題も深刻になりつつありますね。
わが村には最近新しい住職さんが入られました。奥様も話やすい方のようです。
我が師匠寺は息子さんが3人もいらっしゃいます。

2020/02/15 (Sat) 09:49
neko

neko  

To いもこさん

昔もそうでしたが住職がお寺だけで食べていくのはなかなか難しいようです。
学校の先生など兼務されていたような記憶があります。

それをあえて得度してまでやろうという方には感服します。

2020/02/15 (Sat) 17:08
neko

neko  

To まめ子さん

まめ子さんの師匠寺は安泰ですね。

2020/02/15 (Sat) 17:09

くんざん  

ネットで見ました、でかいネズミですね、近くでチョロチョロされると怖いですね。食べる気がしませんので、毛皮なら使えそうですね。

2020/02/15 (Sat) 20:17
neko

neko  

To くんざんさん

でっかいネズミという様相ですから気持ち悪いですね。
悠然と泳いだり陸上へ上がって悪さもします。

2020/02/16 (Sun) 13:45