身のまわりの気づいた事・思ったことなどをメモ帳代わりに書いていきます

大急ぎで読んだ本たち

6
欲張ってリクエストした本が次々と来た。

道尾秀介 「いけない」 ◯はつけられなかった。
米澤穂信 「Iの悲劇」 彼らしいユーモアもあり、最後にどんでん返しありで○
小野不由美 「白銀の墟(おか) 玄(くろ)の月」一と二 早く次の三と四が読みたい。(発売されたが買ってもらえるかなあ)

これらは全部、次の予約が入っていると表示されているので返却機嫌の16日までには読まなくてはいけないなあとは思っていた。

そこへ次のリクエスト本が用意できましたのメールが来た。
一週間以内に受け取りにいかなくてはならないし、そう何度も行けないので朝な夕なにちょびちょびと読み進めた。

予約の本の受け取り期限いっぱいに返却でき、奥田秀夫「罪の轍」を借りて来た。
600ページくらいある長編。
また次のリクエスト者があるので期限内に返さなくてはならない。
テレビの録画は貯めたまま、読書月間の様相である。


ぎんなん始末

塩をパラパラと振って食べた。

6 Comments

There are no comments yet.

いもこ

おはようございます。

読書習慣(週間)の月ですね。

銀杏はもっぱら茶封筒と電子レンジでチンしてたべています。

  • 2019/11/14 (Thu) 08:35
  • REPLY

まめ子

nekoさんおはようございます。

>次のリクエスト者があるので期限内に返さなくてはならない。
>テレビの録画は貯めたまま、読書月間の様相である

眼の使い過ぎにご用心ですね。追いかけている?追いかけられている?

元気の源は読書ですね。

ギンナン、すぐお口に入っていいですね。

  • 2019/11/14 (Thu) 10:32
  • REPLY

neko

To いもこさん

読んで読んでの日々でした。

neko

To まめ子さん

目の使い過ぎばかりしています。(本・テレビ・スマホ)

bodai_ju

返却期限

図書館から借りた本は返却期限がありますから、その圧力で読むほうにも気合が入りますね。
買った本はいつでも読めるのでつい、ツンドク(積読)になってしまいます。
学生時代に、レポートの締め切りが近づくと気合を入れて勉強したことを思い出します。

  • 2019/11/14 (Thu) 18:11
  • REPLY
neko

neko

To bodai_juさん

そうなのです。
今回は4冊とも延長が聞きませんでしたので頑張って読了しました。

十二国記のほうは、その3と4が刊行されたので厚かましくもそれらをリクエストしてきました。
話題になった本なのできっと購入されてそのうちには回ってくると期待しています。