身のまわりの気づいた事・思ったことなどをメモ帳代わりに書いていきます

十二国記 「白銀の墟(おか) 玄(くろ)の月」

4
懐かしい「十二国記」の続編が発売され早速図書館で借りることが出来た。小野不由美作。
白銀のおかくろのつき

我々の棲む世界と、地図上にない異世界〈十二国〉とを舞台に繰り広げられる、壮大なファンタジー。
二つの世界は、「蝕」と呼ばれる現象によってのみ、行き来することができる。〈十二国〉では、天意を受けた霊獣である麒麟が王を見出し、「誓約」を交わして玉座に ...


「十二国記」おぼろげなる記憶しかないのだが、この「白銀の墟(おか) 玄(くろ)の月」を読み出したら少しずつ思い出した。
十二国の図

最初から涙してしまった。
胸ワクワクしながら「その一」の半ばまで来た。
「その二」も手元にあるのでとっても楽しみである。



立冬だってねえ。
コカブを3個収穫したので焼いて食べた。
コカブのオリーブオイル焼き
鮭の包み焼き

けんちん汁が美味しくてお代わりしてしまった。
まだ食欲の秋のままである。

4 Comments

There are no comments yet.

いもこ

おはようございます。

立冬と言えども昼間は温かくとてもそのようには思えませんが、
食べ物は知らぬ間に冬バージョンになりつつあります。

コカブもこれから甘みが増してどんどん美味しくなることでしょう。

  • 2019/11/09 (Sat) 09:15
  • REPLY

まめ子

nekoさんには読書の秋は通じませんね。読書の一年中と言った方がぴったりだと思います。

あおいそら、どちらを見ても青、青、青青あお!外は気持ちいいですね。

コカブのオリーブ焼き、鮭の包み焼、栄養満点!食欲の一年中!いいことですね。

  • 2019/11/09 (Sat) 10:17
  • REPLY
neko

neko

To いもこさん

大きい蕪もいいですが小カブも又使い道はあります。
但しほんの少ししか蒔かなかったので数回抜いたら終わりです。

neko

neko

To まめ子さん

なかなか自分でもいい夕食だと思いました。
けんちん汁で他の野菜もタップリ摂れましたし・・・