直木賞選考委員の講評

6月に発表された第161回直木賞候補作品が17日の選考会にて受賞作が選ばれる。
受賞した作品もさることながら、審査員による「選評」も楽しみである。
日本文学振興会の評議員で直木賞担当のそうそうたるメンバーが各候補作品についていろいろ感想などを言ったりするを後から読むことが出来る。
作家が作家に向かって「評」をつけるって勇気が要る事だろうと思われるが、かなり辛らつに講評される人もいるみたい。

受賞作一覧という所で過去の選評などを観るのも面白いが、ここは独断で書かれているサイトなので全部信じてはいけない事だけは頭に置いてそれなりに楽しむ。
2019 第161回直木賞候補作品

15日までに候補作6作品中5作品は借りて来て読んだ。
窪 美澄の「トリニティ」だがこれはまだ手に入っていない。
今までの5作中でneko選考委員が選ぶなら 原田 マハ「美しき愚かものたちのタブロー」である。

今年は国立西洋美術館が開館されて60年。
今しもそこで松方コレクション記念展覧会が開かれているそうだ。
東京国立博物館では松方氏→十五銀行→宮内省という流れの浮世絵展もひらかれているとか。

「日本に美術館を」と西洋の絵画や彫刻を買い集めた松下氏・それに付き添った人・第二次大戦中のパリに残されていた松方氏のコレクションをパリ占領のナチスから守った人・終戦後それらのコレクションをフランスが差し押さえてしまった物を返して欲しいと頑張った吉田首相など、絵画(タブロー)に夢中になり守った人々を描いた作品である。

というタイミングもあって原田 マハの作品が受賞するかもしれないと思うのはミーハー的だろうか?

※ 
午後7時前、大島真寿美さんの「渦 妹背山婦女庭訓 魂結び」が直木賞受賞だった。
neko 選考委員の予想は外れた。
neko
Posted byneko

Comments 6

There are no comments yet.

なべちゃん  

No title

読書に関しては、ただただ関心するのみです

昨日見たTVの内容を一晩寝たら忘れている私にとっては、nekoさんは特別な存在です

2019/07/17 (Wed) 07:24

いもこ  

No title

おはようございます。

本屋大賞など頭にもなく、私的に好きな作家さんの本ばかりを少しですが読んで来ました。

受賞作一覧の中に読んだ本が3冊ありましたが、それはどれも読んで良かったなと・・・

nekoさんの本を読まれる姿は半端でなく素晴らしい、足元には及びませんが、読書だけは眼が見えなくなるまで少しずつでも続けたいなと改めて思いました。

2019/07/17 (Wed) 07:26
neko

neko  

Re: No title

なべちゃん おはようございます。

> 読書に関しては、ただただ関心するのみです

単なる楽しみのひとつです。

2019/07/17 (Wed) 07:39
neko

neko  

Re: No title

いもこさん おはようございます。

> 本屋大賞など頭にもなく、私的に好きな作家さんの本ばかりを少しですが読んで来ました。
> 受賞作一覧の中に読んだ本が3冊ありましたが、それはどれも読んで良かったなと・・・

過去の受賞作が自分の感性と一致するものはそんなに多くありません。
話題性で読んではみますけど・・・

> nekoさんの本を読まれる姿は半端でなく素晴らしい、足元には及びませんが、読書だけは眼が見えなくなるまで少しずつでも続けたいなと改めて思いました。

この楽しみがなくなったらどうしましょう。

2019/07/17 (Wed) 07:42

まめ子  

講評

>というタイミングもあって原田 マハの作品が受賞するかもしれないと思うのはミーハー的だろうか?

neko選考委員の選考が当たるといいですね。

それにしてもnekoさんの読書量には感心します。
何回も書いています。

2019/07/17 (Wed) 07:56
neko

neko  

Re: 講評

まめ子さん おはようございます。

> neko選考委員の選考が当たるといいですね。

12時間後に分かります。

> それにしてもnekoさんの読書量には感心します。
> 何回も書いています。

ひとりで楽しんでいますが、やはり「ねえ、きいて聞いて!」としゃべりたくもなります。
お目汚しです。お許しあれ。

2019/07/17 (Wed) 08:06