お供えパート2

23日はお彼岸の中日である。
国民の祝日として秋分の日は「祖先を敬い、亡くなった人を偲ぶ」のだそうな。

こんな時にしか作ってみようと思わない物。
それは「おはぎ」である。
それにしても何年ぶりであろうか?

前日から小豆をポットで茹で餡を作る。
もち米とうるち米を半々、塩少々入れて炊き、すりこ木でつぶす。

       DSC04140-11-tile

小豆の他にはきな粉をまぶしたのと、餡を中に入れたえごままぶしである。

       DSC04144-11

ご先祖様はよくお供えしてくれたとお喜びであろうか?

南無阿弥陀仏、ナムアミダブツ!(一応、浄土真宗西本願寺派の門徒である)


neko
Posted byneko

Comments 2

There are no comments yet.

エプロンママ  

こんにちは♪

こちらの方も中日にはおはぎをお供えする習慣があり作ってましたが、今回は、家の中がごちぁごちゃしてますので、スーパーの既製品でごめんなさいしました。

ご先祖様のきっと許してくれると勝手に解釈してます。


明日送り彼岸はきな粉団子を作りお供えします。

2008/09/25 (Thu) 14:44

neko  

エプロンママ さん

その後、事は順調に進んでますか?
ご先祖様、ちゃんと見ていらっしゃいますから安心なさって下さい。

2008/09/25 (Thu) 15:54