お供え

秋のお彼岸真っ最中である。

彼岸の入りに(20日)、お墓参りを旦那さんにして貰って自分は行かなかった。
気が咎める。
仏様にお彼岸だんごを作ってお供えしようという気になった。

蒸した。搗いた。丸めた。硬すぎた。失敗した。

       搗いた    丸めた

でもお供えした。

       お供えした

早々に下げてきて、醤油をつけておよばれしたが、やはり不味かった。
白玉粉も足せば柔らかくなったかもしれない。


ここで使った上新粉は、以前「みょうがぼち」を作るとき、ほんの少し要りようだった残り物である。
その残りの物をどうしようかと考え、このお彼岸だんごに思い至ったのである。

動機が不純だった。これじゃお供え物にはいけなかったようである。
反省!である。



neko
Posted byneko

Comments 4

There are no comments yet.

みよ  

自分でお団子を作ろうという気持ちに拍手を送ります。
我が家では昨日娘が持ってきた八百津で買ってきたという「栗きんとん」で代用しました。ご先祖様、お団子のほうが良かったでしょうか?

2008/09/22 (Mon) 20:15

ふくもも  

お彼岸だんごは甘くないから息子も食べれるから買おうかな!?息子のせいにして自分も食べようと不純な動機の人がここにもいます。

2008/09/22 (Mon) 21:10

neko  

みよさん

私が仏様なら、絶対に「栗きんとん」を選びます。

2008/09/22 (Mon) 21:23

neko  

ふくももさん

動機は不純でもいいのじゃありませんか?
私は失敗作を一人で消化しました。
責任は取らなくっちゃね。

2008/09/22 (Mon) 21:26