例のイチゴハウス

大々的に建てられたイチゴハウス

「何にも使ってないじゃないの」と思っていた。

端っこのハウスで苗を育てていたのは見た。
土を入れたポットの中へ、ランナーの根っこが入るようにしてあった。
このやり方なら根っこを掘り返して植えなくてもすっきりと苗が出来ると感心したものである。

その育てた苗が大きなハウスの中へ移植されつつある。
日曜日で誰もおいででなかったので、直接見れず、ガラスとネット越しの観覧となった。
薄ぼんやりしているが大体の感じは分かる。

イチゴ移植

この苗でクリスマスやお正月に赤いイチゴが間に合うのだろうか?
こんど仕事をされている方に尋ねてみよう!




我が家の悲しいニュースをひとつ。(私だけが悲しんでいる)

白菜の苗を大事に大事に移植して、朝といわず、夕べといわず覗きにいっていたのに、何と1本の苗がこんな風にかじられてしまった。

     虫食われ白菜


この悲しみに打ち勝つべく、ホームセンターで3㌔入りの「オルトラン」(殺虫剤)を買って来て、ばらまいた。
「虫たちよ!このオルトランが目に入らぬか!」と言ったけど聞こえただろうか?

1,850円支払ってから思った事。
「これだけのお金で白菜は山ほど買えるなあ」

「覆う資材も、種も、肥料も計算したらやってられないね。」
と、思いつつも

「違う!この畑仕事は自分の趣味なのだ」
「趣味に時間とお金は費やされて当然だ!」と思い直して草取りに精を出すのであった。




neko
Posted byneko

Comments 4

There are no comments yet.

ごん太 & ぽち子  

おはようございます。
同感です!

以前、農家の空いている畑を借りて、
野菜(家庭菜園)を栽培していたのですが、
種、苗、肥料、殺虫剤、手間・・・もろもろ、いくら?
なす・・1本。 おくら・・1本。 じゃがいも・・1個。
計算したら・・・買ったほうが、安い!

育てる楽しみ、食べる楽しみ・・これに変わるんですね。

2008/09/15 (Mon) 09:30

neko  

ごん太 & ぽち子さん

植物を育てる楽しみは、お金で換算出来ませんね。

ぽち子さんちのヘチマやひょうたんはその後いかになりましたか?

2008/09/15 (Mon) 14:19

みっち  

これからが本番のイチゴハウスですか?遥か新潟の食卓にも上るかな?
液肥とか色々買うと馬鹿になりませんから、確かにそのお金で野菜買った方が楽チンだと思います。でも作る過程の楽しみを買っているのですね。

ミョウガは昨年の梅酢で漬けてみます!楽しみが一つ増えました。

2008/09/15 (Mon) 19:15

neko  

みっち さん
「作る過程を楽しむ」
おっしゃるとおりです。

ベランダにおける稲作が、代表的なものですかね?(一粒いくら?)

2008/09/15 (Mon) 22:00