しぐれ雨にあった図書館行きとポイント交換

日曜日だけど「かんたんエアロ」のレッスンを受ける予定を立て、その前に図書館へ行くことにした。

怪しげな空模様だったので洗濯物は軒下へ干したが、自分は雨具は用意しなかった。
さほど行かないうちに時雨れてきた。
図書館の本などを濡らさないように自転車のかごに用意してあるビニール袋で包んだが自分は半コートのフードを引っ張り出して行くより仕方がなかった。
風でフードが外れてしまうので片手で押さえていたらその手が凍えるような冷たさだった。

用意された本は磯田道史著「日本史の内幕」で、返したのは朝井まかて著「雲上雲下」。
「雲上雲下」は自分好みの本だった。
雲上雲下

古くから語り継がれる民話や伝説。
子狐に山姥、乙姫に天人、そして龍の子。
よく知っている民話の主人公たちの話を「草どん」に語らせる。
民話の主人公たちが笑い、苦悩し、闘う。

最後にはその「草どん」とは?という事や、今それらのお話が語り継がれなくなって来ていると進行形の話でもある。

これは絶対アニメとして映像化して欲しいと思った。


夕方息子がタイヤ交換に来た。
彼が支払っていてくれるNTTの代金でついたポイントの中で4月30日で失効するのが3000ポイントある旨を伝え、ワイヤレスマウスを貰う事にした。
NTTポイント交換完了

私からはささやかに新玉ねぎ・初めて採れたアスパラ・切り干し芋を、ポイント交換分の交換品として差し出した。
タマネギ&アスパラ


neko
Posted byneko

Comments 8

There are no comments yet.

まめ子  

強い女?

自転車の人はつよいですね。

手が冷たくても進むしかないのですものね。

ポイント交換
アスパラがこんなになっているのですね。
我が家はと言いますとまだ頭も出ていません。ひょっとしたら枯れてしまったのかなー。

少し前から気になっていました。

2018/04/09 (Mon) 08:36

いもこ  

ポイント交換

おはようござます。

ポイントはガラケーの時に一度バッテリーと交換した事はありますが、そんなにないからもういいやと、それ以外いつも無効に・・・
勿体ない事をしています。

新玉にアスパラ・・・息子さんはこちらの方を喜ばれた事でしょう。

2018/04/09 (Mon) 09:20
neko

neko  

Re: 強い女?

まめ子さん おはようございます。

> ポイント交換
> アスパラがこんなになっているのですね。
> 我が家はと言いますとまだ頭も出ていません。ひょっとしたら枯れてしまったのかなー。
> 少し前から気になっていました。

出て来ていない株もありますからもう少し待ちましょう。
また暖かくなったらにょっきりと出てきますよ。

2018/04/09 (Mon) 09:28
neko

neko  

Re: ポイント交換

いもこさん  おはようござます。

> ポイントはガラケーの時に一度バッテリーと交換した事はありますが、そんなにないからもういいやと、それ以外いつも無効に・・・
> 勿体ない事をしています。

金を払うのは息子、ポイントゲットは私と厚かましいです。


> 新玉にアスパラ・・・息子さんはこちらの方を喜ばれた事でしょう。

今夜食べようとした4本、翌日ならお腹の中に入ってしまっていました。
「お!」と言って喜んでいました。

2018/04/09 (Mon) 09:31

toto  

雲上雲下

朝井まかて『福袋』に続く、ファンタジー。
語られる物語りに加え、草どんや子ぎつねの親の正体など、
読み進める”知りたい”要素などもあり、楽しく読み終わりました。

私は、最初に描かれた、春夏秋冬・風の表現で既にオッtotoでした。
この豊かな表現、アニメで表現しきれるか。
やられるとしたら、監督の腕の見せ所ですね。

表紙もこの地方出身の 大好きな作家・山本真澄さん。
これまた目元が赤い透き通るような稚児の素敵な表装でした。

お一人、次に予約された方がいて、
予約本が用意できて取りに行ったというnekoさんのタイミング。

もしやとは思いましたが、
nekoさんもこの手も読まれるんですね。
なんと、守備範囲が広いことか!!

2018/04/09 (Mon) 10:23
neko

neko  

Re: 雲上雲下

totoさん こんにちは。

> 私は、最初に描かれた、春夏秋冬・風の表現で既にオッtotoでした。
> この豊かな表現、アニメで表現しきれるか。
> やられるとしたら、監督の腕の見せ所ですね。

草どんの葉が一枚ずつ閉じるとか開くとかでその様子をイメージしました。
こりゃきっと誰かが映像にするだろうと思いました。


> お一人、次に予約された方がいて、
> 予約本が用意できて取りに行ったというnekoさんのタイミング。
> もしやとは思いましたが、
> nekoさんもこの手も読まれるんですね。
> なんと、守備範囲が広いことか!!

この程度のファンタージーならついて行けます。
書き方次第でしょうが・・・

2018/04/09 (Mon) 14:44

toto  

訂正

朝井まかてさんの福袋は、ファンタジーではなく、江戸庶民の物語でした。
似たような感じの昔物語を集め語るファンタジーものを読み、
朝井まかてさん第2弾と早ガテンしていました。

失礼しました。

2018/04/09 (Mon) 15:22
neko

neko  

Re: 訂正

totoさん 

> 朝井まかてさんの福袋は、ファンタジーではなく、江戸庶民の物語でした。
> 似たような感じの昔物語を集め語るファンタジーものを読み、
> 朝井まかてさん第2弾と早ガテンしていました。
> 失礼しました。

いえいえ、どういたしまして。
「福袋」って読んだよなと思いながら内容を忘れていました。
「銀の猫」はしっかりと覚えています。

2018/04/09 (Mon) 17:37