震災の時間を失念していた

3月11日の午前中は震災の時間には黙祷したいと思っていたのに、踊りと観梅に夢中になって忘れてしまった。
自分の身に降りかかった事じゃないとこんなにも水臭いものだと自分ながらあきれた。

あれから7年。
あちこちでは復興され始めているというのも映像でしか知らない。
こんなだったのが、こんな風になっただとか、盛り土を10メートルとか聞くと、東北のあちこちで走り回ったダンプや重機や人間たちを思うと気の遠くなるような数になるのだろう。

隣町のほんの数ヘクタールの田んぼの盛り土は3メートルもあるだろうか。
それでも数珠つなぎのようにダンプが走り回ったこと。
それから東北の各地の事は想像の範囲を超える。

元へ戻れた人たち。戻りたくても戻れない人たち。
こうした事実をすっかり忘れていた自分が恥ずかしい。

隣町の盛り土は最終段階に差し掛かっている。
二つの区域での排水をすべて一時溜めてから西の川へ排水するという説明だった。
今はそこの工事がなされている。
池を作る3

池を作る

池を作る2

北側の区域の法面。
先ほどの大雨でもう崩れている。
法面が雨で




neko
Posted byneko

Comments 2

There are no comments yet.

いもこ  

私も

おはようございます。

朝からTVでは震災のニュースが流れていましたが、その時間には失念していました。

申し訳ないとは思いながらも直ぐに忘れる。

ごめんなさいです。

一日も早い復興をと願っています。

2018/03/13 (Tue) 09:16
neko

neko  

Re: 私も

いもこさん こんにちは。

> 朝からTVでは震災のニュースが流れていましたが、その時間には失念していました。
> 申し訳ないとは思いながらも直ぐに忘れる。
> ごめんなさいです。
> 一日も早い復興をと願っています。

元通りにならないのが悲しいですね。

2018/03/13 (Tue) 15:03