夏野菜を植える

5月2日はクリニックへ血液検査のため食事をせずに行く予定だった。

それならば、医者へ行く前に夏野菜を植えつけることにした。

例年、この時期の植え付けの方法は以前に教わったやりかたでやる。

前日の夕方、植穴にたっぷりと潅水しておく。
当日の朝、植える野菜をポットごとざんぶりと水に漬けしっかりと水を吸わせてから取り出し30分ほど置いて水をいきわたらせから植える。
午前9時までに植え、日光に当て光合成を促し、活着をよくする。
植えてからは水をやらない。


こういう理論から納得し、この方法はいいと思うようになってやっている。
失敗はまずない。
但し、天気予報をよく見て、植えてから数日は好天が続く時を見計らって植えるのがミソだろうか。

従来だと雨が降る前に植えていたし、植えてからも水をやっていた。
植えてから水をやらないなど、今までの方法と全く逆の話を聞いたときは半信半疑だったが「試してガッテン」の今の時期の植え付けの方法である。

えらくむつかしい理屈を言いながら植えた野菜はたったの15本。
種を買ってきて蒔いた長なすはちょっと小さいし元気がなさそうなので心配だ。
ピーマン類3本は苗を買って来たのだがこれも本当は植えるにはちと幼い。
と言うわけで、簡単なキャップをかぶせたり、トンネルを掛けたりした。
長なすキャップをする
ピーマン類もキャップする

トマトも保温のためトンネル


かぼちゃ2本が大きく育っているが植える場所がなくて待機させてある。
オクラは発芽はしたがまだ小さい。
ゴーヤは1本だけ発芽したが育つかどうか?

ズッキーニは順調に育ってきている。
着果したかミニズッキーニ


タマネギのべと病対策で殺菌剤を散布した。
気が付いた時は在庫のダコニール。
今日はサプロールをかけた。
トップジンというのも買って来た。

殺菌剤も同じものをかけるより種類が違う方がよいとか教えて貰ったので、収穫できる大きさまで保つかどうかわからないが、もう1回散布してみようと思う。

殺菌剤はバラなどにも使えるけど、あれやこれやとホームセンターで5000円も散財してしまった。
「趣味だ、お金はかかる」と自分に言い聞かせながら帰宅した。

neko
Posted byneko

Comments 4

There are no comments yet.

まめ子  

夏野菜の植え付け

nekoさん

>前日の夕方、植穴にたっぷりと潅水しておく。
>当日の朝、植える野菜をポットごとざんぶりと水に漬けしっかりと水を吸わせてから取り出し30分ほど置いて水をいきわたらせから植える。
>午前9時までに植え、日光に当て光合成を促し、活着をよくする。
植えてからは水をやらない。

これは肝に銘じています。

私も昨日少し植え付けました。nekoさんほど丁寧ではありませんが。

.>ズッキーニも着果したか?
楽しみですね。

2017/05/04 (Thu) 07:51

neko  

Re: 夏野菜の植え付け

まめこさん おはようございます。

以前の講習がいまだに生きています。
ぼかし肥料とこの夏野菜の植え方だけは実行しています。


ミニズッキーニは種がまだ残っています。(自家種)
もう少ししたら遅く食べるために種を蒔いてみようと思います。

普通のズッキーニの種を使いたかったのですがあまりにも高額(500円近くした)だったのであきらめました。

いもこ  

趣味には、お金がかかる

こんにちは

nekoさんの趣味にはお金がかかる・・・うなずきながらなんとなく納得

それでも後に収穫できる喜びや、花を愛でる歓びがあるかもしれないですものね。

野菜作りはさっぱり分かりませんが、がんばって・・・

2017/05/04 (Thu) 10:10

neko  

Re: 趣味には、お金がかかる

いもこさん こんにちは。

「野菜は苗も肥料も高いから買って来た方が安い」という方は経済的観念の発達した方でしょう。

今どきの野菜の苗の高い事にはびっくりぽんです。
300円くらいは当たり前という感じです。

姑さんが自分の小遣いで野菜を作っても食べてもらえなかったら寂しいでしょうね。
その点、我が家は自分の好みの野菜しか作らないのでほぼ完食します。