今読んでいる本

今、借りてきている本は近藤史恵という人のである。

書棚にあった本から8冊つかんで借りた。(2冊予約してあったのが用意できていたので)
おひとりさま10冊を3週間で読めるだろうか。

まずは「サクリファイス」。

かちり、とシューズがビンディングペダルにはまった。
こぎ出す瞬間は、少し宙に浮くような、頼りない感覚。だが、それは二、三度ペダルを回すだけで消える。


この出だしで一気にこの本にのめり込んだのである。

バイクのロードレースのチームにプロとして入った青年の細やかな心の動きや、仲間とはいえライバルたちの言動。
自転車のロードレースの行い方や暗黙のルール。
チームのエースの為には自分を犠牲にするのは当たり前という世界なのだが、そのアシストがあって優勝したエースはどう感じているのか。

などなど。

自転車のレースなんで見たこともないしルールはもちろん知らないからすべて新鮮だし、最初に書いてある「あ、死んだのだ」という描写は最後の方になって誰かわかって驚く。
またその死に至る事故?はどうして起きたかなどは俄然推理小説っぽくなるのである。

続編はスペインのチームにアシストとして引き抜かれた彼のヨーロッパでの戦いらしい。

ワクワクする本である。

今日の画像 菜花とシラサギ きまぐれさんの作り方ページをそのままに真似して・・・
菜花の黄

気まぐれさん枠作り方白サギ




neko
Posted byneko

Comments 6

There are no comments yet.

いもこ  

のめり込める本

こんにちは

のめり込むことのできる本に出会えたなんて幸せですね。

お正月休みを返上して、読書に励みますか?

きまぐれさんの枠、今のはレジメがほとんど書かれていませんが、昔の枠にはこれがあり真似して作ることが出来嬉しいです。
これも素敵な枠ですね。

2016/12/27 (Tue) 12:41

neko  

Re: のめり込める本

いもこさん こんにちは。

> きまぐれさんの枠、今のはレジメがほとんど書かれていませんが、昔の枠にはこれがあり真似して作ることが出来嬉しいです。
> これも素敵な枠ですね。

どれを作ってみようかと迷います。
お手本通りに出来たら上等です。自分のアイディアは全くありません。

まめ子  

忙中閑

忙しい中にも時間を作り読書に、画像つくりにいそしんでいらっしゃいます。感心しています。

閑は楽しい時間ですね。

2016/12/27 (Tue) 23:15

toto  

3週間に10冊 楽勝?

近藤史恵さん。
ピンときませんでした。

近作では、マカロンはマカロンを書いた方ですね。
それを見てようやく、解りました。
「サクリファイス」は、本屋大賞にもノミネートされただけあって、泣けるミステリーとして、かなり好評らしい。
これは読んでみたい。

お正月、仕事が少ない3週間。この期間、誘惑も多い。
同じ作家の本8冊(?という事じゃない)を立て続けとは、よほどのお気に入りなのですね。

2016/12/28 (Wed) 08:00

neko  

Re: 忙中閑

まめこさん おはようございます。

今回から年賀状を失礼することにしました。
お掃除も失礼して父さんに任せておきます。
(腕が痛いとアピールして逃げ)

認知症への道をまっしぐらということです。

neko  

Re: 3週間に10冊 楽勝?

totoさん おはようございます。

> 近藤史恵さん。
> ピンときませんでした。

ずっと前に彼女の本をメモに羅列してあったのですが、借りてきていませんでした。
なぜか、ほんとうになぜか「借りよう」と惹かれてしまったのです。
「私の本を読んで!」と叫んでいたのかもしれません。

「サクリファイス」に続いてツール・ド・フランスに参加できた主人公がどんなふうに走ったかを読み終えました。
チーム内のエースをアシストするという仕事に徹しなければならないというのはどんなかなあと思っています。
ヨーロッパでの自転車競技に対する関心度はサッカーに次ぐなどと書かれています。

全く知らなかったロードレースのやり方などを少し走ったことも楽しい一つでした。


> これは読んでみたい。

是非にとお勧めです。

自転車もの4冊のあとは歌舞伎ものに突入します。