5回目の自然農法セミナー

暑いなかを自転車で公民館へ出かけた。
自然農法セミナーの5回目である。

前回に引き続き、「自然農法の病害虫防除の考え方」と題して2時間。
「へえ、なるほど!」と「それは無理でしょう!」というのが半々である。
なにしろ農薬を使わないでなんとかしようというのだから難しい話である。

講習が終わってから、我が畑のナスとズッキーニの調子が悪いので画像を印刷して先生に見て貰った。

  葉が茶色くなっているナス       花が咲いても実が大きくならず腐っていくズッキーニ
  病気ナス   腐る実

「ナスはある種の病気でしょう。そのままで大丈夫ですよ」
「ズッキーニは灰色カビ病みたいです。梅雨が明ければ元気になります。米糠ボカシを通路にうっすらと撒きましょう」
とのお答えである。

この話の米糠ボカシは以前に作った肥料とは又違って、米糠に納豆を入れて密封し、納豆菌を米糠に繁殖させ、その菌で虫や病気を防ぐというものである。
しかし、このボカシを作るにはは2週間以上かかるので、今回のズッキーニ対策には間に合わない。
仕方がないので放置することにした。
2株の合計で10本位食べたのでこれで終わってもいいことにした。

   最初に実がなった坊っちゃんカボチャがそろそろ食べごろである。
花が咲いてから40日位経っている。  ミニトマトのアイコは鈴なりで色づいている。
   坊っちゃんそろそろ   アイコ鈴なり


先月のセミナーで貰って、蒔いたゴマ。発芽したのが5割。その後ネキリムシ(?)に食われ、最後の1本になってしまった。来年の種を採れるまで元気でいて欲しい。
   ゴマ


neko
Posted byneko

Comments 8

There are no comments yet.

ふくもも  

アイコかわいいですね。今年はよくもらいます。流行なのでしょうか?

2008/07/07 (Mon) 11:06

neko  

ふくももさん

大きいトマトより作りやすいのだと思います。
私でも失敗せずに食べるまで成長しましたから・・・。
ただ、皮が硬いので他の野菜で茹でるのがある時、ついでに湯通しして皮を剥いて食べます。

2008/07/07 (Mon) 17:26

mimio  

こんばんはぁ~

どの野菜もおいしそう~♪
でも 野菜にも病気ってあるんですねぇ~

かぼちゃっ 中くりぬいて
かぼちゃプリンをつくってみたぁ~い≧∇≦

2008/07/07 (Mon) 17:40

エプロンママ  

アイコと言う名前のミニトマトですか?
私も今年初めてミニトマト植えて見ました。
息子が営業先のお客様のところから買って
母の日のプレゼント(こじつけ)・・としてくれました。
品種はわかりませんがどうせブログにアップするから目面しい品種にしたそうです。
、黄色い花と少し実がなってきました。
一寸楽しみです。

かなり昔大きなトマトまるで駄目でしたから
ミニの方が作りやすいんでしょうね!

2008/07/07 (Mon) 17:41

みっち  

アイコは鈴なりで羨ましいです!
ゴマは大変なんですね。その1本、気になって仕方ないです。
なんとか無事に大きくなりますように。

2008/07/07 (Mon) 18:34

neko  

mimioさん

この坊っちゃんという名前のかぼちゃは手のひらに載るサイズです。
上辺を切り、種やわたを取り出し詰め物をして蒸して食べるには最適だそうです。

一度はやってみたいです。

2008/07/07 (Mon) 20:11

neko  

エプロンママさん

普通サイズのトマトは途中で立ち枯れ病とかで駄目になることが多かったので、本職の農家に任せ、どうしても欲しい時は購入します。

トマトは色づいてくるのが楽しみですね。


2008/07/07 (Mon) 20:15

neko  

みっちさん

最後の1本、祈るように毎日眺めています。
同じように種を蒔いた友人に尋ねたら、3本無事だと言ってました。

来月のセミナーは「自分で種を採る」というテーマだそうです。
きっと「ゴマはその後どうなっていますか?」と言われるにちがいありませんね。
かなりプレッシャーがかかっています。

2008/07/07 (Mon) 20:20