児童図書を借りて来た

夢中になった「精霊の守り人」シリーズは児童図書だった。

今回借りたのはもっと若い子(小学中級からと書いてあった)が読めるようにたいていの漢字には振り仮名がついている。
本の題名は「ルドルフとともだちひとりだち」(続:ルドルフとイッパイアッテナ)と続:続:ルドルフとイッパイアッテナと言う本。

一番目の本が貸し出し中で借りれなかったけどその2とその3を借りたのだ。

まったく聞いたこともなかったこの本を借りようとしたのは、「自然風」さんが岐阜から東京へ、意志に反して運ばれてしまった猫のルドルフの話が、8月に3DCGアニメとして公開されると教えて下さったことから始まった。

児童図書の名作だと言われても知らないのだからどんな本なのか、借りようとして検索したけど✖であった。
その2とその3は〇だった。

たまたま図書の返却日だったのでその2冊を借りて来て読み始めたところだ。

なるほど。なるほど。魅力的だ。
幼稚なルドルフと先生のイッパイアッテナのやり取りや友達ネコなどが目の前にいて動いているような気持ちになる描き方である。

先生は字を教えてくれた。
砂場でそれを書いて復習する。
夏休みの教室の学級文庫へ忍び込んで次々と本を読む。
伝記もいいけど図鑑が好きだ。


などなど。

キャッチコピーに「ノラ猫たちの、知恵と勇気と友情の物語」
1988年初版で2007年50版発行とあった。

こういう本を読むとおしっこをして行くノラ猫も許せる気がしてくるから不思議だ。



球体加工シリーズ
sachiさんの球体加工22で中央の枠へ画像を入れた。

球体加工22


同じくsachiさんの球体加工から24を参考に、NOBUさんの画像をお借りして。
白頭鷲s
neko
Posted byneko

Comments 2

There are no comments yet.

いもこ  

児童図書

どのような本でも、読みたい本に巡りあえれば楽しんで読むことが出来ますね。

1から読めないのが残念だったでしょうね。

nekoさんの頭の中は、色々な知識が詰りいっぱいですね。

球体加工やはり美しい・・・

2016/07/18 (Mon) 09:25

neko  

Re: 児童図書

いもこさん こんにちは。

愉快な本でした。
と過去形で言うのは、もう1冊読んでしまったからです。

頭を使うことなく読めるのはいいです。