乱読

図書館で借りた本は21日が最終期限であるがまだ読んでいないのや、途中で放棄したのがある。
借りた本


「乱読」
まさに自分はこの部類に属していると思う。

あれやこれや、話題性や、人から勧められたり、書評を読んだりして興味が湧いた本を借りてくる。

青山 文平の「鬼はもとより」「白樫の樹の下で」は時代小説のアンソロジーで読んだ小説がとてもよかったし、友人にも勧められた。
直木賞の作品「妻をめとらば」はまだである。

作家から選ぶ。

乃南 アサ 「地のはてから」 積んだままだったが開いてみたら過去に読んだことがある本だった。
浅田 次郎 「わが心のジェニファー」 クスクスと笑いながら読んだ。

友人の推薦で

篠田 節子 「インドクリスタル」 あまりにも長編でまだ半ばまでいっていない。

話題性で

カミラ・レックバリ 「悪童」
スエーデンの女性作家の作品でシリーズ物の第3弾であのミレニアムをしのぐ人気だとか。
辛抱して最後まで読んだが自分にはさほどいいものとは思えなかった。

スエーデン物では「マルティンベック」シリーズが懐かしい。
また「ミレニアム」の衝撃的作品も記憶に新しい。

ただこれらは地名と人名が独特なのでそれらが結構ネックとなる。
それでも乱読、乱読と本を読むことを楽しんでいる。(もちろん面白くなければ途中でやめる)

自慢ではないが精読ということはまったくない。
neko
Posted byneko

Comments 8

There are no comments yet.

Carlos  

No title

おはようございます

ま~ずいぶんいろんな本を読みましたね。
頭がこんがらかってしまいそう。

2016/02/21 (Sun) 08:13

neko  

Re: No title

Carlosさん おはようございます

> ま~ずいぶんいろんな本を読みましたね。
> 頭がこんがらかってしまいそう。

まさに乱読です。

みよ  

乱読読書

乱読?

前に読んだのを忘れることもあるくらい沢山読まれているということですね。

わたしも返却日が迫っています。
昨日の午後は何とか読みかけのを終わらせようと頑張りました。
前半は何が書いてあってかなー、思い出しながらです。

中島京子の作品を集中的に借りてきてあったのです。
といっても3冊。

2016/02/21 (Sun) 11:03

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/02/21 (Sun) 14:15

toto  

↑ 間違い。。。

コメント投稿を済ませて戻ってびっくり。
管理人のみの閲覧にするつもりはありませんでした。

急いで送信しようとして、また、送信ボタンとその上の非公開コメントのチェックを間違えて押したようです。

秘密のコメントでも、大したコメントでもありません。
意味深でごめんなさい。

2016/02/21 (Sun) 14:21

neko  

Re: 乱読読書

みよさん こんにちは。

中島京子さんは読みやすかったですか?

「かたづの」は岩手県が少し近づいてきた感じがしました。

neko  

Re: ↑ 間違い。。。

totoさん びっくりでしたね。

私もちょっぴり驚きました。
鍵コメをしてくれたのはだあれ?とね。

「その女アレックス」の前の本を借りてきました。
「いとしのイレーヌ」です。
アレックスの中に過去の事として登場してましたので名前はご存知でしょう。

toto  

皆が借りていった。。。

本日の借りたい候補。

「悲しみのイレーヌ」「スキンコレクター」「流」「鳩の撃退法」
すべて、宝島社の”このミステリーがすごい2016”にノミネートされた本です。
ここしばらく、推理小説から離れていたのですがアレックスを読んで他の物も読んでみようかと・・・。

後、本日記事の「わが心のジェニファー」。
これは、面白い内容の本だな~と。

全て不発でした。

「悲しみのイレーヌ」?はnekoさんに借りられ、
図書館で検索してまだ貸し出されていないはずの「スキンコレクター」はタッチの差で、さらわれていきました。

本日確実に帰ってきた本ゲットと思って出かけた、一番楽しみにしていた「わが心のジェニファー」
中島京子著「かたづの」が返却されていたので・借り主はMさんでは?などと思いながら・・・。

2016/02/21 (Sun) 20:35