グウィネス・パルトロウを3本観る

録画した映画でグウィネス・パルトロウのを3本観た。

「ハッピーフライト」 お馬鹿さんな映画だった。

ハッピーフライト


「いとしのローズマリー」 美しい容姿のパルトローとおデブさんのパルトローにどうしても本人だとは思えなかったけど体と顔を作るのに各4時間かかのだとか。
特殊メーク


「プルーフ・オブ・マイライフ」 まともな映画。セリフがめちゃ多いと思ったらやはり舞台物だった。
話が過去と現在が交錯するので頭が混乱するし、話が暗いので楽しくはなかった。
プルーフ・オブ・マイライフ

結局全2作は観るのに時間を無駄に使ったと思えるようなのだった。

12日夜には今年の新作ジョニー・ディップ主演の「チャーリー・モルデカイ」にも出ている。
パルトローというよりジョニー・ディップがお目当てである。「(ローンレンジャー」でインディアンの役を見て以来である)
口髭たくわえたチャーリーと口髭大嫌いな奥さんのパルトローはどんな具合か楽しみである。

neko
Posted byneko

Comments 6

There are no comments yet.

いもこ  

骨休め・・・?

私にはよく分からない映画の世界ですが、

>結局全2作は観るのに時間を無駄に使ったと思えるようなのだった。<

頭は別として、体を休めるには良かったのではないでしょうか?

2015/12/13 (Sun) 09:41

neko  

Re: 骨休め・・・?

いもこさん おはようございます。

途中でやめればよかったと後から思いました。

残り少ない?時間を無駄に使いました。
あれもこれもと欲張って録画しているとこういう事態もあります。

toto  

録画物とジョニー・デップ

グウィネス・パルトロー出演映画は、たくさん見ているわけではありませんが、古い映画『恋におちたシェイクスピア』ですかね。

(グウィネス・パルトローの出演映画を3本特集というのは、『チャーリー・モルデカイ』がらみですか。)

映画1本見るのに結構時間がかかりますので、録画物は、少し観てつまらなさそうなものは、部分拾い観し、やっぱりつまらない時は、4カ所ほどを飛ばし観で終了します。

そうした録画物に慣れてしまったせいで、TVで見ているにもかかわらず、巻き戻しや先送りをやろうとして苦笑することが多くなりました。

ジョニー・デップは、切れ気味にぶっ飛んでいて、見ごたえのある作品が多いですね。
自身製作主演第1作目『ラム・ダイアリー』は、私的には好みではなかったですが、『ローンレンジャー』では遺憾なく魅力を発揮しています。

若かりし頃には、まじめな?(退屈な)作品にも出演していますが、なかなか美的でもあり、存在感もあり、ほどんどの作品が時間の喪失感は感じさせないですね。

残念ながら見ていませんが、『チャーリー・モルデカイ』も期待通りだったと推察します。

nekoさんが認める女優メリル・ストリープやケイト・ブランシェットのように、ジョニー・デップもほぼ期待を裏切らないものを提供してくれる俳優の一人であると思ってます。

私生活では、待望のアンバー・ハードと結婚し、絶頂すぎて、時々脱線気味になってましたがそろそろ落ち着いてきたのかな。

追記 : この暖かさのせいか、我が家でもみよさんち同様、昼間は遭遇しないのですが、夜な夜な蚊が1匹だけ、ウイーンと耳元で唸り、いまだに蚊取り線香を15分ほどつける羽目になってます。秋の蚊のサイズの小さな蚊ではなく、大きめの夏?の蚊が飛んでいます。

2015/12/13 (Sun) 14:42

neko  

Re: 録画物とジョニー・デップ

totoさん こんにちは。

ジョニー・デップはいい男なのに一癖も二癖もあり嫌いだという人も多いですね。
この映画でもジャックスパロー的な走り方などするので、私は可笑しいと笑っていましたよ。


> 私生活では、待望のアンバー・ハードと結婚し、絶頂すぎて、時々脱線気味になってましたがそろそろ落ち着いてきたのかな。

私生活のことは全く知りません。
若い奥さんにメロメロなのですか?

toto  

ミ-ハ- ジョニー・デップ 所見

そうですね。
ジョニー・デップは、なかなか正統派の流れの中に身を置いていませんので、好き嫌いがはっきり出るのでしょうね。

嫌い!と言われるのも芸能の中に身を置く人にとっては勲章かも知れません。 誰それ?ではなく、嫌い!ですから・・ね。

何でこんな役柄だけを引き受けているのかと思ってみていた時期もありますが、(もともと仮想世界が面白いと思っていたこともあり)

彼は、他の俳優より化粧を一つ多く塗りあげるという役柄の中に身を置くことによって、この世界で生き抜く道を見出したと思ってみています。

ジョニー・デップの出演作品は、少し前までのディカプリオ作品にはほぼはずれがなかったと思っているのと同様の別ジャンルでの面白さを感じています。


若い奥様にはあまくて、アンバー・ハードのお小遣いは月300万と話題になりました。Yahoo!ニュース蘭にチョイスされていました。

最近は、問題発言をして謝罪する羽目になっています。が、興味がなかったので、標題だけで詳しい内容は読んでいません。

2015/12/13 (Sun) 16:02

neko  

Re: ミ-ハ- ジョニー・デップ 所見

totoさん こんばんは。

ジョニー・デップの作品を改めて眺めてみました。
ごくごく一部しか観ていません。

「シザー・ハンズ」可笑しくて切なかった。
「ギルバート・グレイプ」「ショコラ」まではごく普通だったでしょ?

スパロウ船長でのしぐさは観ているこっちまで体くねくねしてしまいそうでした。