「小さいおうち」中島京子

「小さいおうち」読み終わった。

これは映画を先に観ているので、読みながら映画の彼女たちが浮かんで仕方がなかった。
今では使ってはいけないのか女中という言葉は。

戦前の東京の中流家庭の女中さんだったタが晩年に書いた回想録である。
しかし、死ぬまで秘めていた謎があった。
小さいおうち

映画小さいおうち

タキさん役の黒木華さんは来年のNHK大河ドラマに出演するらしい。

続いての本も中島京子。「長いお別れ」である。

「長いお別れ」というとレイモンド・チャンドラーの探偵小説の題と一緒だがさてどんな内容か楽しみである。

neko
Posted byneko

Comments 2

There are no comments yet.

Carlos  

No title

おはようございます。

私が子供のころ、友人の家に女中さんがおりました。
その女中さんが、私の家の裏に住んでいた人でした。
女中部屋というのも台所のすぐ脇にありました。

2015/12/07 (Mon) 08:03

neko  

Re: No title

Carlosさん おはようございます。

> 私が子供のころ、友人の家に女中さんがおりました。
> 女中部屋というのも台所のすぐ脇にありました。

この本の中でも2畳ですが女中さんの部屋があり、本人は自分だけの部屋があることをとても嬉しく思っていました。