すっきりした

「愛と哀しみの果て」という映画を観た。
日本語題名とメリル・ストリープとロバート・レッドフォード主演というとべたべたのロマンス映画かと思うがさに非ず。
デンマークの裕福な家の女性が便宜的に結婚し(金のない男爵と)東アフリカに渡る。
第1次世界大戦前後の話である。
アフリカの大自然とそんな場所で頑張る女性を描いてアカデミー賞作品賞などを取ったらしい。1985年作品。

今日の記事は映画そのものの話ではなく、ロバート・レッドフォードの友人役をやった人が「どこかで見たことがる」気にかかって仕方がないのである。

最終に出るクレジットに目を凝らしていても分からない。
わずかにkitchenというのが目についた。

kitchenというのに見覚えがある。

ネットで確認した。
今放映されている「刑事フォイル」の主役の俳優だった。


■ マイケル・キッチン Michael Kitchen1948年生まれ。
1970年代から俳優活動を始める。
第58回アカデミー賞作品賞ほか7部門を受賞した映画『愛と哀しみの果て』では主人公の友人役を熱演。

愛と悲しみの果てのマイケルマイケル・キッチン


すっきりとして日曜夜の「刑事フォイル」を観れる。」

neko
Posted byneko

Comments 6

There are no comments yet.

Carlos  

No title

おはようございます。
気になると、頭から離れず、もやもやした気分が嫌ですよね。
でも、わかってよかったですね。
それにしても、すごい記憶力ですね。

2015/11/16 (Mon) 08:08

neko  

Re: No title

Carlosさん おはようございます。

> でも、わかってよかったですね。

はい。すっきりとした気分で「刑事フォイル」を観ました。

いもこ  

刑事フォイル

おはようございます。

私も時々ですが、刑事フォイルを見ています。

韓ドラの様に話が続いていなくて、せいぜい2話くらいで完結なので時々でも大丈夫。

俳優の事は良く分かりませんが、味があり事件に真摯に取り組んでいる姿が印象的です。

昨日は野球中継に占領され、途中からだったので見ませんでした。

2015/11/16 (Mon) 10:01

neko  

Re: 刑事フォイル

いもこさん こんにちは。

「刑事フォイル」昨夜は後編で自分の息子も調べなくてはならない父親でした。
息子の友人が息子のことを好きだと分かってびっくりしたフォイルですが、最後にもう一度出撃させてくれと言うその彼の願いを聞き入れました。
予想通り彼は戦って死にました。

フォイルは勿論、その友人が同性愛者でお前の写真をいつも持ち歩いていたなどとは一切言いませんでした。

運転手役の女の子が魅力的です。

とんちゃん  

No title

nekoさん、こんばんは~

ご無沙汰たしてます。

俳優さんも見たことあるけれど解らない人?
それにしても凄い記憶力!!

ネットで調べ、気になることが確認でき、
スッキリでしたね。

いつもありがとうございます。。

2015/11/16 (Mon) 21:21

neko  

Re: No title

とんちゃん こんにちは。

見たことがある顔だと言っても一方は若い時のです。
分かって本当にすっきりしました。