十二国記のあとは県庁おもてなし課

ちびちびと読んできた十二国記、発売されているすべて(文庫本で11冊)を一応読了である。
ただし、なんだか難しくてすっとばしたのもある。

少女陽子の成長物語部分は感動的であった。

早い時期にNHKがアニメとして放映した記憶があるが、その当時は原作の事は全く知らずわけのわからない話として観ていた。
今なら本のイメージとテレビアニメを合体させて楽しめるだろうに。

次に手に取ったのが有川浩「県庁おもてなし課」である。
こちらは映画もになった。(観ていない)

高知県出身の有川が「おもてなし課」がどう変化し、お役所的ではなく県民のために頑張る姿をユーモラスに描いている。
愉快であるし、頑張れと応援したくなる小説である。

高知県に「おもてなし課」は実在する。ここ

本を読んでからここのページへ行ったので「おお、やっとるのお」と面白く読んだ。

neko
Posted byneko

Comments 4

There are no comments yet.

Carlos  

No title

おはようございます。
12国記むずかしかったですか。
「おもてなし課」ですか~
私は今、9月12日に封切?になる「天空の蜂」東野圭吾を読んでおります。
原発がらみの物語で、上映になったら観に行こうと思っております。

2015/08/29 (Sat) 07:59

neko  

Re: No title

Carlosさん おはようございます。

東野圭吾の「天空の蜂」は全く知りません。

豪華配役の映画のようですが、テロリスト・原発・政府の対策と本も面白そうですね。

いもこ  

高知良いとこ・・・

長ーい『十二国記』ついに読了ですか。

私もやっと『鹿の王』を読み終えました。

下の方が身を入れて読み進むことが出来ました。

主人も読みはじめ、時々質問口調で訪ねてくることが有りますが、
私に訊かないで自分の感じたままに読み進んでと答えました。

「おもてなし課」・・・高知は良い所かな?

2015/08/29 (Sat) 09:15

neko  

Re: 高知良いとこ・・・

いもこさん こんにちは。

沢山の中にはなんかよくわからないというものもありましたが、とりあえずは読了としておきます。


> 「おもてなし課」・・・高知は良い所かな?

さてどうでしょう。
一度だけしか足を踏み入れたことがないのです。

四万十川とか足摺岬とか確かに自然だけはいっぱいという観光をしてきましたが・・・