戦車の愛称は「フューリー」

昨年11月に公開された映画「フューリー」をテレビで観た。

映画館へ見に行った人が「見ごたえがある映画だった」といろいろ話して下さったのを覚えていたので、放映される予定日にはマーカーをして1週間前に忘れずに予約しておいた。
いつもなら「後で」となるのだが期待が大きくて録画はしつつも生放映で見たのである。


1945年第2次世界大戦も末期のドイツでのこと。
ノルマンジー上陸から順次ドイツ側を制圧しながら進攻してゆく連合国側の戦車部隊の話である。
tatakai.jpg

昔の映画と違い、一大スペクタクルではないが、曳光と言うのだろうか、弾丸の軌跡が青い光で飛んだりして迫力ある画面である。

戦車は1台を5人で担当するのだがその中の一人が戦死して、まったくの新兵が配属されてきた。
その新兵の成長物語とも言えるかもしれない。
5人で

戦車はほかの物から見たら頑丈で強くて恐い存在だが、キャタピラが壊れたら動けない。
仲間の戦車が次々とやられて最終的に1台になって、それでもそこを死守せよと言われれば動けなくなった戦車に籠って300人の敵と戦う5人。

ブラッド・ピット以外は全く知らない俳優ばかりであったが、主役は戦車だとみた。
世界でいまだ動くドイツの戦車をイギリスの博物館から借りて撮影したとか。
ティーガー戦車

アメリカ側のシャーマン戦車も自分がその中にいて戦うような気持ちにさせる臨場感があった。
シャーマン戦車

主人に「面白かったよ」と前置きをしておいてブルーレイディスクにダビングしたのを渡しておいた。


そうそう、そういえばブラッド・ピットの奥さん、アンジーの「マレフィセント」(ディズニー映画)も観たのでご夫妻続けてのお顔拝見となった。
annzi-.jpg


neko
Posted byneko

Comments 2

There are no comments yet.

Carlos  

No title

おはようございます。
この映画、私は未だ観ておりませんので、ツタヤで借りて観てみたいと思います。

2015/08/11 (Tue) 08:12

neko  

Re: No title

Carlosさん おはようございます。

> この映画、私は未だ観ておりませんので、ツタヤで借りて観てみたいと思います。

女性はどうかわかりませんが男性ならきっと気に入る映画だと推薦します。
(私は男か?)