猿の惑星

猿の惑星の古いのから新しいのまで放映されたので(全8本)そのうち3本を録画しておいた。

■猿の惑星(1968)
■続・猿の惑星
■新・猿の惑星
■猿の惑星・征服
■最後の猿の惑星
■PLANET OF THE APES/猿の惑星(2001)
■猿の惑星:創世記(ジェネシス)
■猿の惑星:新世紀(ライジング)

古い30年以上前のは時間の移動がややこしい。
1作目で宇宙船が不時着したのは2000年後の地球で、進化した猿が生き残った人類を家畜化していた。
2作目は見ていないが、3作目では1作目で登場した猿が今の地球へ到着する。

ティム・バートン監督のリメイク物(2001年)は印象に残らなかった。

映画館へ行って観た「猿の惑星 創世記」に続いた2014年公開の「猿の惑星 新世紀」はよかった。
創世記のシーザー

モーションピクチャーという手法で俳優が演じたものが右の猿になる。
シーザーを演じたアンディ・サーキスなる人は、人間役の主演俳優より先にクレジットされていた。
モーション

neko
Posted byneko

Comments 2

There are no comments yet.

Carlos  

No title

おはようございます。
残念ながら猿の惑星は観ておりませんでした。
でもメイクアップ、すごいですね。

2015/07/05 (Sun) 09:04

neko  

Re: No title

Carlosさん おはようございます。

> でもメイクアップ、すごいですね。

昔の猿とは大違いなので感情がよくわかります。