「鹿の王」

やっとか かかってとりあえず読んだ上橋菜穂子著 「鹿の王」。

51bUlESIdSL__SX230_.jpg   51w7lBWIerL__SX230_.jpg

よかった?面白かった?

わが頭ではついていけなかった。
じっくり入り込めそうで入り込めなかったといったほうが適切かもしれない。

この手の本は寝床へ入ってから2ページも進むともう眠気がさしてきてバタンと本が閉じられるのである。

次はもうちょっと軽い本にしよう。


neko
Posted byneko

Comments 4

There are no comments yet.

Carlos  

No title

おはようございます
「鹿の王」ですか~
私はもっぱら推理小説が多いです。
あっという間に読み終わってしまいます。

眠りを誘う本でしたか~

2015/06/05 (Fri) 07:57

neko  

Re: No title

Carlosさん おはようございます。

> 私はもっぱら推理小説が多いです。

私も推理小説は好きです。

いもこ  

本屋大賞

≪鹿の王≫

あらすじをネットで検索してみましたが、私には理解しがたく途中で「ぽい」と投げ出してしまっていたかもしれません。

難しい本は頭が痛くなり読めません・・・。

移動図書が無くなってからは、もっぱらO家から届く文庫本を読んでいます。

軽くていいですよ。

2015/06/05 (Fri) 09:43

neko  

Re: 本屋大賞

いもこさん

SFであり科学小説であり、これこそ想像力を駆使しないとだめです。
ダメでした。