お好み焼き

広島の出張から直行で遊びに来てくれた婿殿。

お土産の中の一品に「広島風お好み焼き」の素があった。

       お好み箱

作ってみた。
箱の裏の説明書と首っ引きである。

広島風なので麺が付いており、それを茹でることからスタート。
キャベツや肉の他にシメジを炒めたのも使った。
 ①水どき粉をお玉1,5杯をフライパンにのばし、削り粉をふる。
 ②キャベツ・シメジ・肉の順に乗せ、塩コショウをする。

       途中1

 ④丸ごと裏返し、押さえながら焼く。

大きなフライパンで返す時、失敗したらとちょっと緊張した。
これから何回もひっくり返す作業があり、調理人が鉄人ではないので、見物人の方がヒヤヒヤものである。
両手にフライ返しを持ち、「えい!」と返せばこの通り、大成功!
       途中2

 ⑤湯掻いておいた麺を添付の味付けソースで炒める。
 ⑥④を麺の上に乗せる。
 ⑦別のフライパンに卵を落とし、その上に⑥を乗せる。
 ⑧卵が上になるようにもう一度ひっくりかえす。
 ⑨炎の鉄板ソースなる物をつけ、青のり粉をふり、出来上がり。

       出来上がり

出来上がりは上々!味も上々!

焼き上げる後から「美味い!」と食べてもらえて、次々と4枚焼いた。
娘と二人、「ああでもない、こうでしょう?」と楽しんで料理も出来た。

ただ、電磁調理器でないので暑かった。
箱に書いてあったとおりになった。
炎の鉄板 お好み焼き』と。


以前ブログで書いた「作って楽しむ五平もち」と同様、皆で楽しんだ「お好み焼きパーティー」であった。

neko
Posted byneko

Comments 4

There are no comments yet.

mimio  

こんばんはぁ~
広島風お好み焼き!おいしいですよねぇ~♪
私も大好きでっす!特に麺がはいるところが^^
それにしても 立派なお好み焼きセットですねっ
うぅぅぅ・・・・よだれがでてきました^^;(笑)

2008/05/06 (Tue) 20:40

neko  

mimioさん
最初は軽く食べようという感じだったのに、美味しかったのでついつい全部食べて、昼ごはんになってしまいました。

2008/05/06 (Tue) 21:43

カズ  

こんばんわ。広島風お好み焼きをみてなつかしくなりました。小学、中学と広島に住んでいておやつに、よくお好み焼きを食べました。岐阜にきて麺の入ってないお好み焼きをみてびっくりしたのを思い出しました。

2008/05/07 (Wed) 00:16

neko  

カズさん

「所変われば」ということですね。
「味噌カツ」をよその人が、「げえっ」と思うのと同じ事でしょうね。

2008/05/07 (Wed) 09:12