最近読んだ本

最近、自分のお金を出して買って読んだ本2点。

デイヴィット・ハンドラー 「芸術家の奇館」

     本1

ミッチェル・バーガー(映画批評家)とデジリー・ミトリー(黒人警官)コンビのミステリー。
シリーズ3作目。
最愛の妻を失って何もしたくない、生きる希望を失った若き映画批評家が、黒人として又女性として差別を受けながらも刑事として頑張っている彼女と知り合い立ち直っていくというシリーズ。
この話では、もうすっかり元気印になっている主人公が、刑事を辞して田舎の警官として生き、画を描くことを学ぶ彼女を応援するという設定になっている。
勿論ミステリーなのでドキドキハラハラはいっぱいある。○の本である。
ハンドラーは前のシリーズでは有名人の伝記のゴーストライター"ホーギー”と愛犬ルルが主人公のミステリーも良かった。


ジョン・ダニング 「災いの古書」

     本2

デンバーで古書店を経営している主人公の前身は市の警察官。
故あって辞職後に古書店を経営している。
現在は恋人の弁護士も出資して共同経営している。
本好きが高じての仕事だから本を愛しているが、警察官だったから何やかやと事件と関わり、命も危うい事もある。

このシリーズは第1作「死の蔵書」から「幻の特装本」は読んだが第3作の「失われし書庫」は知らない。
恋人の弁護士にに頼まれて手伝いをし、奔走した結果に無罪を獲得した。
しかし・・・のドンデン返しが待っていた。
これも○であった。

巡回図書バスで本を借りる段には「これはつまらなかった」と終わりにすればいいけど、自分で買う段には、お金に相当する楽しみや喜びが欲しいので購入には慎重になる。
大体過去によかった本の作家を目当てに探す。
というような訳で、今回の2冊も過去によかった作家のシリーズ物になった。
あてはあずれなかった。



子供達から早めの母の日プレゼントで花かごを貰った。
花を貰ったのは久しぶりでうれしかった。
カランコエ・ベゴニア・ガーベラ・斑入り?がポットに入った寄植なので、花が終わったら鉢替えして来年も楽しめたらいいなと思った。

      母の日
neko
Posted byneko

Comments 8

There are no comments yet.

うりぼう  

 ちょっとハヤメの母の日ですか
 良かったですね  可愛いお花達
 
 私は妻に何をあげようかな?
 やっぱり 花が一番無難かな?

2008/05/05 (Mon) 20:54

neko  

うりぼうさん

うりぼうさんちの奥さんは母の日にご主人からプレゼントが貰えるのですか?
それは嬉しいでしょうね。

2008/05/05 (Mon) 22:13

ふくもも  

花好きなnekoさんにはぴったりの母の日のプレゼントですね♪またこちらのお花たちの画像がこのブログを飾って・・・
素敵ですね♪

2008/05/05 (Mon) 22:52

農民  

こんばんは。
そろっと母の日ですもんね。
自分は母の日にプレゼントしたことが無いです。
何かあげれば喜ぶと思うのですが、どうも照れくさくて・・・。

2008/05/06 (Tue) 01:02

mimio  

こんばんは~
お花きれいですねぇ~♪
このお花は植えかえすれば咲くお花ですよねっ?
来年もきれいなお花が咲きますようにっ☆

私のばあちゃんが 私がちいさいころにあげた
花を植えかえしたらなんか~もりもりと大きく
びっくりするくらい伸びたのが記憶にあります^^;
たしか・・・・あれは シクラメンだったかなぁ~。。。

2008/05/06 (Tue) 01:03

neko  

ふくもも さん

そうです。にっこりとしております。

2008/05/06 (Tue) 08:12

neko  

農民さん

そうです。息子はそういう節目のプレゼントはありません。
しかし、目に見えないプレゼントをいっぱいもらっています。
こういうのは一度やり始めると止めることができませんね。

2008/05/06 (Tue) 08:14

neko  

mimioさん

子供たちも切花より、こういう風のを喜ぶとちゃんと知っています。
来年、これらの一種類でも咲いたら又楽しい話題になりそうです。

2008/05/06 (Tue) 08:17