念願だったおこわ

むかし懐かしいステンレスのポット。
棚の奥から出してきてテーブルの上に鎮座ましてている。
中には豆が

中には200gの豆を入れ、熱湯を注いで時間待ち。

参考のページでは24時間とか15時間とか豆の種類や用途によって加減してあった。
今回は柔らかくなりすぎてもいけないので途中で様子を見ながら15時間。
取り出した桑の木豆

そう、桑の木豆である。

今年念願だった「自家製桑の木豆でおこわを作る」為の下準備である。

2と1/2合のもち米+1/2合うるち米に100g分の豆と塩小さじ1・みりんを足し浸す時間は30分で炊いた。
(我が家の炊飯器の場合、この浸す時間だと柔らかめのおこわが炊ける。長すぎても短すぎてもうまくいかない)

豆の量が多すぎたけど念願の桑の木豆おこわが出来たので上等だ!
桑の木豆おこわ

反省
ステンレスのポットでの豆は途中で取り出して混ぜないと下の方と上の方では豆の煮え方が微妙に違う。
下の方はぎっしりと窮屈になっているからだと思う。

残りの豆と茹で汁も冷凍したので又いつかおこわが炊ける。
ささやかな今年の課題が終了した。

neko
Posted byneko

Comments 10

There are no comments yet.

Carlos  

No title

おはようございます。
おこわ、いですね~
下準備が大変なんですね。
でも手間暇かけた分美味しかったことでしょう。

2014/12/13 (Sat) 08:24

neko  

Re: No title

Carlosさん、おはようございます。

> おこわ、いですね~

この類のものが大好きなのです。
まだ自分で作れるのが幸いです。

みよ  

挑戦者 N

<自家製桑の木豆でおこわを作る>
2.5合のもち米と0.5合のうるち米ですね。

挑戦者 N さん、何でもやりますね。

さぞ美味しかったことでしょう。

<春日豆>
自家製の真っ白な豆が 150g 穫れました。
何にしようかと思案中です。

<風呂敷>
押し入れの中に ふろしき と書かれた箱があります。
最近気になって開けてみると、大小何枚も入っています。自分で書いた字なのにすっかり忘れていました。
昔は何かとよく使いました。
唐草模様が懐かしいです。

お寺の改修記念だったり会社の記念日だったりいろいろです。
大きいのは2メートル四方。
誰か利用方法教えてください。

*大風呂敷 広げて悩むは 使い道

2014/12/13 (Sat) 09:05

neko  

Re: 挑戦者 N

みよさん 寒いですね。

先ほど冷凍したあった桑の木豆おにぎりを解凍して食べました。
もっちりして美味しかったです。

いもこ  

念願の桑の木豆おこわ

腹割れのない優しい色合いの桑の木豆おこわ・・・とても美味しそう。

小豆とは違った美味しさを楽しむことが出来たでしょうか?

来年は桑の木豆を作るのを止めたと仰られていましたが、いかがですか来年も作られては?買った方が良いかしら・・・

2014/12/13 (Sat) 19:17

かやのたも  

多分

ポットでそんなことをやったことがないけど、温度差もあるのかなあ?
高い温度のお湯は上に行きますからね。
1時間に1回くらいポットを上下さかさまにしてはいかがでしょうか?
推測ですが、、、

2014/12/13 (Sat) 19:26

くんざん  

度々の訪問ありがとう

数少ない「薫さんちのビーフシチュー」に度々訪問を頂き有難うございます。昨日初めて訪問させていただきました。PCのハードや畑や料理やスポーツ・・面白くてエアコンも点けずに見ていましたら冷えてきて止めました、今日は合間にちょこちょこと見ています、実はコメントなるものを出すのも今日が初めてです、届けばよろしいが。

2014/12/13 (Sat) 22:15

neko  

Re: 念願の桑の木豆おこわ

いもこさん こんにちは。

おこわに使うにはちょうどいい茹で加減でした。

たまたま今年は8月後半から涼しい日が続いたので豆が採れましたが、この平地では出来るとは限りませんので今のところ中止と思っています。

neko  

Re: 多分

かやのたもさん こんにちは。

> 1時間に1回くらいポットを上下さかさまにしてはいかがでしょうか?

そうですね。そのアイディア頂戴して大豆にも挑戦してみます。

neko  

Re: 度々の訪問ありがとう

くんざんさん こんにちは。

コメント、ちゃんと届きました。ありがとうございました。

拍手コメントも頂戴してありがとうございました。
こちらのコメントはひと手間要るので面倒でしょうが、長文になっても大丈夫ですので是非これからはこちらへどうぞ。

埒もない事を書き遊んでいます。
自分でもごくたまには過去の記事を読んだりしています。
生活が丸見えですが同居は主人のみですので許してもらっています。

過去記事をカテゴリ別で見ていただくのもいいかもしれません。