みそぎ

大事件だった。

昼ごろ用で外へ出たら、パンツ一枚の旦那さんがビニール袋に自分の衣類を放り込んで居るではないか。
ビックリ仰天!
「どうしたの?」に「ハマった」との答え。
夕べが池へはまって(方言?)頭までぬれ鼠になったと。

「どうしてはまったの?」と原因を尋ねたら
「魚釣りをしている人に神社のお供え用の鮒を提供してもらい、神社(池の傍に小さい神社がある)の裏側の木に入れ物ごと括りつけようとして足を滑らせはまった」

何をおいてもお風呂で温まらないといけない。
朝は寒かったが昼こまえはそれほどでもなかったけど、這い出して濡れたまま車に乗って帰って来るまでは寒かったと思う。
(運転席には大きなゴミ袋が掛けてあった)

ゴミや泥が付いている衣類はまずは外でゆすいでから洗濯機へと行った。
着衣一式

やれやれと思った時に思い出した。
柚子ジャムと茹で里芋がコンロにかかっていた事を・・・
ジャム焦げ付く

茹ですぎ里芋

この里芋は柔らかすぎる種類なので硬めに茹でて田楽風に焼こうと思っていたが、この状態では無理なので熱いうちにそのまま味噌をつけて昼ごはんにした。

ドボンとはまったかずるずるとはまったか、その場面を想像すると可笑しくてたまらない。
怪我もなかったので笑って居られるのは幸いである。

ひと足早いみそぎまつりであった。

※夕べが池は以前は湧水がこんこんとわき出でて、我々の地区では神聖な池であり、本当にみそぎをした。
昔むかしの若いころ主人はこの池へ入って神社のお米をといだりした事がある。
で、「2度目のみそぎじゃ」と言っていた。

neko
Posted byneko

Comments 6

There are no comments yet.

みよ  

みそぎ顛末記

みそぎ顛末記と勝手に名付けました。

大変な目に合われましたね。でも怪我がなくってよかった。

運転席には大きなゴミ袋が掛けてあった。。。。これもよかった。事前準                              備?

2度目のみそぎじゃ・・・これはもっと良かった。

焦げ付いた柚子ジャム…なんとか我慢できるかな。

茹ですぎた赤里芋・・・我慢できる範囲。

一件落着ですね。
でも面白い記事でした。

2014/11/20 (Thu) 07:33

Carlos  

No title

おはようございます。

あらら!旦那さん池にはまったんですか~
さぞかし寒かったんでしょうね。
でも怪我がなくて良かったですね。
風邪をひかないといいのですが・・・

2014/11/20 (Thu) 08:19

neko  

Re: みそぎ顛末記

みよさん おはようございます。

> 運転席には大きなゴミ袋が掛けてあった。。。。これもよかった。事前準                              備?
普段大小のごみ袋を車に積んであるのが幸いで、座席を濡らさず帰って来れたようです。

neko  

Re: No title

Carlosさん おはようございます。

今朝もちゃんと起きてきましたので大丈夫でしょう。
ひとまず安心です。

いもこ  

とんだ災難 禊ぎ?

とんだ災難かと思いましたが、禊ぎ?なんですね。

濡れ鼠のご主人を見て、さぞかしびっくりされた事でしょう。

でも、大事に至らなく(笑って済ますことが出来)本当に良かったです。

2014/11/20 (Thu) 09:05

neko  

Re: とんだ災難 禊ぎ?

いもこさん

神聖な夕べが池で頭から水をかぶってきれいな体になりました。
いい正月を迎えられる事でしょう。