読まなかった本、続いて借りたい本

巡回図書バスでは本は約1ヵ月間、次の巡回まで借りておける。
またリクエストにかかっていなかればもう一度そのまま借りれる。

10月に目に付いた懐かしい作者名はパトリシア・コーンウェル。本の題名は「死層」。
無題
スカーペッタ(検屍官)シリーズってまだ続いているのが驚きだった。
裏表紙で見たら2013年発刊。第1作目が1990年で今回のは20作目だそうである。

最初はとても新鮮だったが、だんだん面白くなくなって数年このかた読んでいないので懐かしさもあり借りた。
読み始めたけどいまいち本の中に入って行けない。

結局、上下巻ある中の上の半分も読まないうちに読むのをやめた。そして返却の日が来てしまった。


一方、これは過去に借りたことがあると分かっていて借りたのがスティーヴ・ハミルトン「解錠師」
kaizyousi.jpg


時間軸があちこちするが、決してややこしくはない。
ある事で(それがどういう言う事かというのが最初は明かされない)全く声を発することが出来なくなった少年の話。
読み進むと「ああそうだった」と記憶が戻るのだが肝心の事は忘れているから面白い。

口をきけない少年が鍵を開けるという事に興味を持ち孤独を慰める。
密やかにしていたのに、つい手を出し同級生の開かないロッカーを開けてしまう。
それが契機でアメリアという少女と愛し合うことになる。

彼女の姿を4コマの絵にして夜間鍵を開け、彼女の部屋へ置いてくる。(絵を描く才能もある)

そこいら辺りは本当にその少年の瑞々しい感性が描かれていて魅力的な本だ。

大体寝る前にページを開くのだが最近はすぐ眠たくなって読み進めない。
半分来たところで日にちが来てしまった。
これは途中では終われないのでもう一度借りるように願う事になる。

neko
Posted byneko

Comments 6

There are no comments yet.

Carlos  

No title

おはようございます。

読書家なんですね。
私は寝る前には本は読みません。というのは却って眠れなくなってしまします。
ですからもっぱら昼間です。
昔シドニー・シェルダンが好きで、9巻ほど持っております。
全く関係ない人物が、だんだん一つになっていくというようなストーリーが多いです。
本はいいですよね。

2014/11/13 (Thu) 08:22

みよ  

難しそうな名前の本ばかり出てきますね。

<寒くなりました>
今朝の風にはびっくりしました。

皇帝ダリアが咲き出しましたが、ふるえています。

宇宙芋いもが風に揺られたのか2個落ちていました。
自然薯ですが形が色色で見たところ石です。

昨年は食べませんでしたが今年はご飯に入れて食べてみようと思っています。
葉っぱは長芋に似ていますが地下には何もできていませんでした。<昨年)

2014/11/13 (Thu) 08:46

いもこ  

今日は移動図書の日

1ヶ月が早いです。

nekpさんが借りられるような、横文字名の出てくる本は殆んど借りません。 名前を覚えるのに、苦労するからです。

≪Carlos≫さんと同じで、シドニー・シェルルダンの本はかなり読みましたけれど・・・

2014/11/13 (Thu) 09:37

neko  

Re: No title

Carlosさん こんにちは。

私は本を枕元の置かないと眠れません。
ちょこっと本を開けば眠りにつけれます。
睡眠導入剤です。

neko  

Re: 本

予報通り寒くなりました。

パッションフルーツとマンデビラを2階の空き部屋へ引っ越ししました。

2014/11/13 (Thu) 14:10

neko  

Re: 今日は移動図書の日

いもこさん

ショックです。
私はこれから本はどこへ借りに行ったらいいのでしょう。