やっとすっきりした事

主人は、5月に誕生日が来て市の国民健康保険組合から離脱し、後期高齢者医療保険の方へ入った。
保険料のお知らせが来て、最初の3カ月は窓口、あるいは口座引きでその後は2か月毎の年金から引き落としである。
忘れないうちにと7月分は納めた。

そちらはおっしゃる通りしか仕方がないのだが、理解できないのが我一人になった国民健康保険の保険料の事である。
通知書の計算方法を見ると所帯割は納得だが均等割りが二人分になっている。
確かにこの通知書の時点では二人だが現在は後期高齢保険へ出てしまったのだから計算し直した通知書が来るのだろうと待っていた。
しかし、何の音沙汰もないので市役所へ電話して訊いた。(傍らへ国保の通知書を広げて)

「改定の通知が来るのですか?」
「いいえ、それが御主人が後期高齢者保険へ行く事を前提にして計算された保険料です」

そこから通知書を片手に説明を受けた。
「調整額で印字されている金額が御主人の11カ月分(退会されたので)の引いてあります。ですから今年度分で改定される事はありません」
そうか、この通知書が来た時「今年は保険料がどんと下がったなあ、どうしてかなあ」と思ったが、これは私の分の国保の保険料なのだった。
主人の後期高齢者の保険料の通知書を見ると、年の金額からちゃんと1カ月分の金額が減額になっていた。

結局、今年の国保と高齢者医療を足せばいいのだ。
昨年の国保保険料よりより2万円弱増えていた。
月に1度しか医者に行かない自分が、1割負担で1700円位支払いしているのだから現在の保険料から言うと赤字であるのは間違いない。
文句は言えない金額である。

保険料について「よく分かりました。ありがとうございました」と納得して電話を切った。

もやもやしたのがすっきりして気持ちがほっとした。


記事とは関係ないが涼しげな花の色。クリトリア(蝶豆)がやっと咲いた。
ブルーの花 
せみ日陰で

neko
Posted byneko

Comments 6

There are no comments yet.

みよ  

すっきり

<もやもやしたのがすっきりして気持ちがほっとした>
すっきりして暑い夏もやり過ごせそうですね。

この記事を読んでも私はじっくり考えられません。
主人はもう後期高齢者になっていますが。

向こうさまのおっしゃる通り納めています。
こんなことではだめですねー。

2014/07/31 (Thu) 07:16

Carlos  

No title

おはようございます。
ご主人後期高齢者ですか~、私は来年ですが・・・(関係ないか~)
やはり保険料のことが気になり、市役所に問い合わせようと思っております。

2014/07/31 (Thu) 07:55

neko  

Re: すっきり

みよさん おはようございます。

主人の目の前の誕生月を見こして私の健康保険料が計算されているというを知らなかったので「おかしいなあ」と思ったわけです。
誕生月で色々変わって来るところが理解できていませんでした。

勿論、向こう様のおっしゃる通り納めています。

neko  

Re: No title

Carlosさん おはようございます。

来年後期高齢者という事は1940年生まれなのですね。

国保(市町村単位)と違って過疎の村なども一緒になる広域の単位(県だと思います)なので保険料は必然的に上がりますね。(あちこちから支援のお金を頂戴しても足りないばかりで)

主人は所得金額が少ないので医療費負担は1割で済んでいるので助かります。


いもこ  

国保と後期高齢者保険

何年か前前までは国保だけだったり、息子などの扶養家族になっていれば保険料も独自に払わなくても良かったのですが、今では扶養家族になっていても、75歳の誕生日を迎えると、後期高齢者医療保険制度に入り保険料を払わなくてはなりません。

今はある程度の金額に抑えられているから良いようなものの、この先には、きっと保険料も上がり負担金も上がる事間違いなしで、所得が少ない我々は、保険料は払っても医者へかかれない、そんな時代が来るかもしれませんね。



2014/07/31 (Thu) 14:06

neko  

Re: 国保と後期高齢者保険

いもこさん いつもありがとう。

ころころと制度が変わっています。

出来れば医者もかかりたくはないのですがそうばかりも言っておられません。
お金がなくて医者にかかれないと言う事だけは無いように願いたいです。