11/22/63 スティーヴン・キング

スティーヴン・キングの『11/22/63 』という本を2カ月近くかかってやっと読み終わった。

11 22 63

本の題は日付で、ケネディ大統領が暗殺された日である。

時間を通り越して過去へ行き、最終的にケネディの暗殺を防ぐというお話である。
途中で棒を折りそうになりながらも最後まで読みとおしたのは、ロマンチックな話に心惹かれたからかもしれない。

イチゴジャムを入れたヨーグルトを食べたり、冷凍してあったイチゴを試食してみたりしながらの、お行儀の悪い読書だった。
トロリと出来たイチゴジャム

冷凍イチゴ


neko
Posted byneko

Comments 2

There are no comments yet.

みよ  

No title

<2カ月近くかかってやっと読み終わった。>
拍手!です。

途中で投げ出さないということはやはり面白いのですね。

私も 人間の条件 やっと読み上げて今日返します。
途中ではいったいいつまでこの場面が続くのかとか、もうやめようとか思いましたが流石に3巻目となると次は何、次は何でした。
テレビもほとんど見ませんでした。(朝ドラと官兵衛を除いて。)

こんなに長くて、しかも細かい字のは最初で最後です。

<鬼籍に入る>
検索しました。
読み方は き せ き に い る

は い る とは読まないと書いてありました。

では 鬼籍に入った人は どう読むのでしょうか。

鬼籍に い っ た 人でしょうか。

2014/05/16 (Fri) 09:03

neko  

Re: No title

みよさん こんにちは。

> <鬼籍に入る>
> 検索しました。
> 読み方は き せ き に い る
>
> は い る とは読まないと書いてありました。
>
> では 鬼籍に入った人は どう読むのでしょうか。
>
> 鬼籍に い っ た 人でしょうか。

書いた人は最初から「はいる」のつもりで書いています。
慣用句を現代的に活用しております?
要するに「いる」という読み方を知らなかったのであります。
赤面!