山田太一のテレビドラマ

山田太一の作品に魅せられた。

NHKドラマの「男たちの旅路」
過去に見た記憶はあるが再放送されたので(これから放送されるのもある)録画しておいて観た。

主演は鶴田浩二。
こんなにいい男だったかねえ。魅力的だ。

警備会社で特攻隊帰りの男(鶴田)と戦後生まれの若者たち(水谷豊・桃井かおりなど)の断絶と共感。
水谷豊が口をとがらせて色々文句を言うさまがおかしい。
今の水谷と重ねると実に面白い。
鶴田と水谷豊


同じNHKの鶴田浩二の最後のドラマ「シャツの店」は一段と老いた鶴田が頑固で融通が利かない男を演じ、これまた素晴らしい。(第1話と最終回しか放映されなかった)
シャツの店

ここでは平田満が若い弟子役で拍手喝采を送りたい演技だった。
八千草薫・佐藤浩市・杉浦直樹・井川比佐志など芸達者が揃っていた。

山田太一はすごい。

これらの古いドラマを見ている途中で現代のドラマも観た。

「時はたちどまらない」

東日本大震災をテーマに。
結婚しようという二人のうち、一方の家は何事もなく済み、一方は結婚予定本人を含め3人が亡くなり、すべてを津波で無くした。
二つの家族はどうかかわり合っていくのか?
素晴らしい役者が揃っている中で黒木メイサというのだけはいただけなかった。

という訳で、最近は新旧とりまぜて山田太一に浸ったのである。
(男たちの旅路は3月2日も放映されるらしい)

neko
Posted byneko

Comments 0

There are no comments yet.