頭の中のスイッチ

そもそもそれは魚を煮たことから始まった。

美味しく煮え、食べた後の煮汁を見て、この煮汁でおから炒りを作ろうと思った。

朝食後、すぐ始めた。
椎茸は戻しておいたので刻んでOK。
冷凍の油揚げを湯通しし、人参を冷蔵庫から取り出す。

そこからおかしくなった。
ひじきを水に漬けたのである。しかも30gも。

もうすっかりひじきモードになっているので「レンコンもいいとか載っていたなあ。」とか「竹輪も入れよう」となった。
冷蔵庫を開け、おからが目について、はっと目覚めた。

本来のおから炒りの頭にスイッチが切りかわって、人参は細く切ってヤレヤレ。
ゴマ油でまず野菜を炒め、おからも入れて炒め、椎茸の戻し汁と魚の煮汁を入れ火を止めてからネギをしたした。
おから150g入りを買って来たうちの100gを使っただけなので量的にはさほど多くはない。
okara 炒り煮



戻したひじきもそのままにしておけないので、人参(細めの拍子木)レンコン(薄いイチョウ切り)竹輪・油揚げと共にオリーブ油で炒め、弱火で10分ほど煮た。

青味は?と冷凍室をかきまわして見つけた枝豆を散らして完成。
こちらはどっさりとした量になった。
怪我の功名ひじき

どちらも半分は冷凍保存室行きになり、後日又登場するだろう。

頭の中のスイッチの接続が不良だったが怪我の功名で朝から二品の料理が出来た。
「よしよし」と自らを慰めている。

「よしよし」の後で、「ひじきは干し野菜ミックスと煮る」のが本当なのだったと又落ち込んだ。

neko
Posted byneko

Comments 4

There are no comments yet.

いもこ  

落ち込まないで

接続不良?のお陰で2品もの煮物・・・良いではありませんか。

≪「よしよし」の後で、「ひじきは干し野菜ミックスと煮る」のが本当なのだったと又落ち込んだ。≫

落ち込まないで、次に作るチャンスが与えられただけですよ。

又、次の機会に作って下さい。

2014/02/03 (Mon) 09:45

みよ  

頭の中

nekoさんの頭の中には材料がいっぱいありすぎるのですね。

朝から面白い展開になっていて笑顔になってしまいました。

何か良いことるような気がしてきました。

<魚の煮汁でおから>
これはわたしが中学の時先生から教わりました。

給食によく出ました。中学から給食があったのです。

ストーブにしようか給食にしようかの選択になった時、上の人たちの選択だったと聞いています。

私的には給食でよかったと思います。

忙しい母親たちもそれでよかった。らしい。

今のように材料も豊富でなかったし。



2014/02/03 (Mon) 09:50

neko  

Re: 落ち込まないで

いもこさん

2品出来たおかず、いずれもいい味でした。
よく売れたのでよかったです。

neko  

Re: 頭の中

みよさん

同じような材料だったのでおかしくなった事にしておきます。