近頃テレビで観た映画

「プリンセス・カイウラニ」
ハワイの最後の王女カイウラニの映画をテレビで観たのだがつまらなかった。
ハワイ王政の最後を描くのでもなく、最後の王女といっても難を逃れてイギリスへ留学しての恋愛などで、何がテーマか分からなかった。


もう一つのハワイ物「ファミリー・ツリー」は、ハードディスクで見始めたが、「これはいい。じっくりと観たい」とブルーレイにダビングした。
好きな俳優、ジョージ・クルーニーが出ていたせいか点が甘くなったかもしれないが、ふーとため息が出た映画だった。

奥さんの事故による意識不明の状態や浮気をしていたという事実・先祖から受け継いだ土地(何代か前に王家の血筋が入っている)の処分を巡る相談・年頃の娘の反抗等など次々と悩みが襲ってくる。

クルーニーは今までの映画のように、にやりと目じりを下げて笑う様なシーンは一つもなく、改めて良い俳優になったものだと感心した。
長女役の子がとってもよかった。
ファミリーツリー2jpg

ファミリーツリー1

ふぁみりー3



デンゼル・ワシントンの名前に惹かれて録画してみた「フライト」
この題名から飛行機のパニック映画かとおもったら全く違って、アルコール依存症の操縦士を描いた映画だった。
話が暗い。
ワシントンの鬼気迫る酔っ払いぶりは流石だが、最後まで観るのに努力を要した映画だった。

neko
Posted byneko

Comments 2

There are no comments yet.

みよ  

洋画

nekoさんは洋画がお好きなんですねー。

家に居ながら映画が楽しめていい時代ですね。

昔(50年くらい)の映画館は人がいっぱいでした。

<利休に尋ねよ>
私は緊張してみてました。前に本を読んだことがあるのですがほとんど忘れてしまっているので、興味津々でした。
利休の若いころの話はさかのぼって出てきました。さらわれてきた韓国の身分の高い人女の人を逃がそうとする場面でやっと思い出しました。

どうしても手放さなかったこうごう?の中味は、、、、。

うまく言い表せませんが、茶道の仕草とか、凛と張りつめた雰囲気とか、今まで見たことのない雰囲気が漂っていた映画だと思いました。

もう1度ざっと読んでみたくなりました。

2014/01/26 (Sun) 09:32

neko  

Re: 洋画

みよさん
映画館で観る迫力はありませんがテレビでも悪くはないです。

同じ山本兼一著「信長死すべし」は如何ですか?

依頼して持って来て貰った「火天の城」「花鳥の夢」はまだ読み始めてもいませんが楽しみです。