お荘厳をととのえて

「お荘厳をととのえてお待ち下さい」と師匠寺からお取越し報恩講のお知らせがあった。

隣に住んでいたおばさんから来たミニミニの御仏壇。
机の上に載っているし、置く場所がないので床の間に置いてある。
お花をかざるだけでちっともお参りもしない罰当たりだ。

それでもお寺からは報恩講に来て下さるという。

お盆とこの時だけに掛ける軸。(義姉の思い出の品)
この日には

お供えをしたお仏壇。(香炉は種火炭を入れるため移動中)
ミニ仏壇


そして陽に当てふっくらした座布団と柚子巻き干し柿がお寺さんを待っている。
待つ座布団

準備完了して


neko
Posted byneko

Comments 4

There are no comments yet.

みよ  

お荘厳をととのえて

あー知らなかった。

こういう言い方をするのですね。

我が家も参考にさせていただ、お待ちします。

わが寺ではこちらから電話をして双方の都合の良い日に行います。

まだ予約入れてません。

お寺さんがお務めだから、土日タとか冬休みになるのでしょう。

<キンセンカ>

ビニールで囲ってあげたものですね。

2013/12/17 (Tue) 09:10

かやのたも  

良い字です。
私の好みのタイプです。
『南無阿弥陀仏』はよく見ます。
本当は相当な方がかかれた字でも、私でもこれくらいなら書けると思うものも中にはあります。

2013/12/17 (Tue) 09:19

neko  

Re: お荘厳をととのえて

みよさん
うちのお寺さんは、はがきで日時のお知らせが来ます。
そこに「赤の和蝋」を用意するようにとも注意書きされています。

キンセンカと寒菊と水仙でお花が用意できました。
華瓶(けびょう)は樒がないので名も知らないけど青い葉物で代用です。

お正月もこの3点を使い、南天を追加すればOKです。

neko  

Re: 字

かやのたもさん

> 良い字です。

ありがとうございます。
御義姉さんの形見になりました。