勘違いをした映画

ぐだぐだ期間中に録画した映画を数本観た。

「小説家を見つけたら」
初代ボンドのあのショーン・コネリーが隠遁生活を送る小説家役で文才のある黒人少年と交流する話。
80点。

「ウェイバック 脱出6500キロ」
シベリアの労働収容所から脱出し、満州・中国を経てチベット・インドへとたどるお話。
7人で脱出し半数以上は命を落とすが、バラバラで相手の事もよく知らないようだったのが、苦難の道をたどるうちに理解し合い、助け合うようになる。
砂漠のシーンがよかった。 70点。

「ソフィーの選択」
有名な映画であるから観たつもりでいたが観ていなかった。
メリル・ストリープが若くてきれい。(30年前だから)
ソ連の収容所に入れられていたポーランド人で、大戦後のニューヨークで、恋人は統合失調症で、やさしいかと思うと面罵したりするような人物。
その二人を同じ下宿の小説家を目指している青年の目で描いている。
その青年に話した収容所でのことにこの映画のタイトルがある。
ソフィーの選択 Sophie's Choice
何を選らばなければならなかったのか。映画の圧巻のシーンである。
ソフィーの選択
100点。ブルーレイディスクにダビングした。

全く勘違いしたのが『リンカーン/秘密の書』
今年のアカデミー賞で何か賞を取った作品だったと記憶して録画したのに、PG12指定とあるのが不思議だった。
血は飛び散るわ、首までとんでしまう様な恐ろしやの連続。
「なに?吸血鬼?」と来て、これはおかしいとやっと気が付いた。
原題  Abraham Lincoln: Vampire Hunterとあり、リンカーンはヴァンパイア・ハンターだったという。
南北戦争もゲティスバーグの演説もあるし、ラストは暗殺される劇場へ向かう所だし、歴史的つじつまは合わせながら、痛快?アクションホラーの3D映画なのであった。
怪しげな雰囲気
ホラーリンカーン
お口直しが欲しい。


本当に望んでいたのは『リンカーン』(原題: Lincoln)でスピルバーグ監督の真面目な作品である。
真面目な雰囲気
りんかーん


neko
Posted byneko

Comments 2

There are no comments yet.

みよ  

映画館?

洋画
俳優さんの名前を覚えるのは難しくないですか?

<「ソフィーの選択」
かなうなら見てみたいです。

2013/10/30 (Wed) 07:34

neko  

Re: 映画館?

みよさん
過去形の俳優さんは記憶しても今の人は憶える事が難しいです。

> <「ソフィーの選択」
> かなうなら見てみたいです。

是非観て下さい。
「ああ、30年も前にこんないい映画があったのだ」と感動モノです。