神去なあなあ日常

移動図書にお願いして持って来て貰った 三浦 しをん著 「神去なあなあ日常」
かむさり

何と不思議なタイトル!
「神去」はかむさりと振り仮名ついているが「なあなあ」とは?

奈良県との境に近い三重県の山奥「神去」という村の林業に就業することになってしまった横浜の高卒男子が、全く経験がない仕事の数々と神去という村・人・信仰や自然に触れて次第にこころ惹かれていくさまを描いている。

「なあなあ」は村人たちが使う言葉で「ゆっくりいこう」「まあ落ちつけ」という様な意味合いで、林業を生業としている人はそのサイクルが50年とか100年という単位で物を考えるせいかゆったりとしたしている。

青年が1年の契約期間を終えてもこの村に残りたいと思う気持を作者が書いているが、作者自体が取材した人々に魅了された故の事だろうと思われる。

映画化されるって? だからリクエストが多いのか。
主演の子は染谷将太?知らないなあ。
長澤まさみ(あこがれの女性役)・伊藤英明(破天荒だが魅力的な男役)いいかもしれない。

続編も持って来て貰うように依頼してある。



※ 甘酒結果報告
8時間真空マグに入れ、ゆるめの蓋をしておいた自家製甘酒。
スプーンで取って味見をしたら甘ーい。砂糖も入れないのに発酵してこんなに甘くなるとは・・・
ただ米麹の米の形が残っている。(もちろん柔らかいが)
甘酒完成


甘酒を、生の麹を買って来て作っている先輩に訊いたら「甘くなっていれば成功ですよ」と言われた。
冷蔵庫で冷やしておろし生姜をちょっぴり乗せて飲んだらとても美味しかった。
水で割って飲んでもいいとかだったが、とろり感が薄れてしまう。
冷蔵庫で1週間もつとのことだがすぐなくなりそう。
次は真空マグ2本分を作ろうと思っている。

neko
Posted byneko

Comments 2

There are no comments yet.

いもこ  

冷やして飲む・・・

甘酒 成功・・・

甘酒=温かいがイメージでした。

≪冷蔵庫で冷やしておろし生姜をちょっぴり乗せて飲んだらとても美味しかった。≫
この手があるのですね。冷凍もOK・・・もち米を買ってこなくては。

2013/09/01 (Sun) 11:27

neko  

Re: 冷やして飲む・・・

いもこさん
味をしめて第2弾を仕込みました。

もち米でなくてもいいようですよ。