「スカイフォール」

録画しておいた映画「スカイフォール」を観た。

ジェームズ・ボンドだからアクション映画には違いないのだが今まで見たのとは一味違う。

人間が描かれている。
上司Mに見捨てられたと感じ身を隠していたのに、諜報部の建物を爆破されたと知ると帰還してしまう。

Mに切り捨てられた元諜報員との戦いの最後は、ボンドの生地であるスコットランドの「スカイフォール」という屋敷で行われる。
荒涼とした風景がボンドの心象を映し出すようだった。

諜報部の上司は常に名前は出てこなくて単にMと呼ばれているがこの俳優さんがまことにいい。
戦いで死亡するので彼女のMはこれが最後である。
映画スカイフォール


女たらしで殺しのライセンスを持つ男、ジェームズ・ボンドを期待する人には「何だ、これは」と期待はずれになるだろうが自分は良い評価をした。

告白すると、アルコールが入った夕食後に観たので途中で眠り、話が飛んでしまっている。
それからが録画のいい所で、戻し戻しして分かる所まで戻って再度みた。
やっと話が繋がって「そうか、そうか」と一人で納得したのだった。

neko
Posted byneko

Comments 0

There are no comments yet.