父さんのお仕事

知人から「お宅の御主人、レコードをCDに出来るとか聞いたけどやって貰えない?」と電話があった。

持参されたレコードは邦楽のそれもかなり古い物である。

彼女の話によると、

箏を習い始めたころ名古屋の演奏会へ出かけ、奏者の素晴らしさに思わずレコードを買ってしまった。
給料の1割近い値段だったそうで、他のレコードは処分したりしたけどこれは捨てる事が出来なかった。
美容院で髪を染めながら素晴らしい筝の音色を久しぶりに楽しんだ。(この美容院ではいい音質の音楽やラジオがかかっている)

そして、その後友達とお茶しながらの話題がレコードのCD化という方向へいったそうなのである。

依頼された主人はCDにするために録音をし、デジタル化し、CDに焼いてのお仕事を、満更でもなさそうな感じでやっていた。
cd雅 

neko
Posted byneko

Comments 3

There are no comments yet.

みよ  

お目でとうございます

特技をお持ちのご主人様、お仕事が見つかって再就職ですね。

おめでとうございます。

2013/08/06 (Tue) 09:27

いもこ  

父さんのお仕事

もう聴くことが出来ないと思っていたレコードが、又新しくCDとしてよみがえり、依頼された知人の方も、さぞかし喜ばれた事と思います。

私も以前お願いして、CDにしていただいたのをパソコンに取り込み、BGとなって流したり、ドライブ中に車の中で聴いたりと役立っております。

≪CDにするために録音をし、デジタル化し、CDに焼いく≫
何方にもできる仕事ではありません・・・感謝です。

2013/08/06 (Tue) 09:35

neko  

Re: お目でとうございます

みよさん、いもこさん
本文には書きませんでしたが思わずうつむいて笑ってしまったことがあります。

出来たCDをパソコンやテレビで試し、車でも視聴しようとしたら駄目だったとかで再度最初からやり直し、今回は私のノートPCで書き込みをしました。
「車でも聞けた。何で前のはあかなんだんやろう?」と首をひねっていました。
そして、あかなんだCDをもう一度車で試したら「なんや、聞けた」そうです。
(車での操作がちょっとおかしかった?)

依頼されたのは2枚。倍の4枚のCDが出来てしまいました。
依頼された人に原版と4枚のCDを渡す時、ちょっと説明しなければなりませんです。