音道貴子は魅力的

乃南アサの「風の墓碑銘(エピタフ)」を借りてきた。
風の墓碑銘


借りた時は作者名だけで借りたのだが読み始めたら「凍える牙」に登場した音道貴子シリーズだった。

凍える牙では機動捜査隊員だったがあれから数年経った今回では所轄の普通の刑事である。
が、殺人事件が起きて捜査本部が立ち上がり、最初に組んだ滝沢保と又ペアを組まされる。

音道から見ると「ずいぶん丸くなったな」と感じる滝沢だが、彼から見ると「相変わらず愛想のない女だ」との感じる。
男社会である警察で女を意識せず、させず、仕事は肩を並べてするには生半可な根性では生きて行けない。
私生活の悩みもある。

本では音道側から描くだけでなく、滝沢が感じる音道感も描かれているのでより面白い。
(奥さんに逃げられた滝沢の現在の家庭内の様子が全く可笑しい)

まだ本の半ばまでしか読んでいないからストーリー的にはどうなるのか。
筋書きはぼちぼち。
二人のやり取りが楽しいのでゆっくりと読もうと思っている。



「相変わらずでけえな」と滝沢が隣の音道を見上げるように言う。というシーンがあった。
「凍える牙」で天海祐希(NHKドラマ)と木村佳乃(テレビ朝日)が音道役をやったそうだがどちらも背が高い。
自分のイメージでいうと天海が近い。
バイクでぶっ飛ばすには木村佳乃は想像できないから・・・

neko
Posted byneko

Comments 0

There are no comments yet.