麦の収穫風景

ついこの間色づいて来たなあと思っていた小麦が黒っぽいくらいの茶色になって収穫の時を迎えている。

機械であっという間に刈り取られている。

小麦収穫

手で刈っていた居たのは何時頃までだったか。

手で作業していた頃は畝を高く作るので、畝と畝の間に溝が出来る。
それを「はざこ」と言っていた。
大雨が降ると川の水が流れ込み、一緒に魚も入ってくる。
二人一組でカンテラで照らしながら魚を追い、先方でたもを当てている相方の方へ追いつめる。
はざこに魚が居れば絶対逃がす事がないひぶり漁だった。

日本昔ばなしである。

neko
Posted byneko

Comments 8

There are no comments yet.

みよ  

麦秋

昔は6月終わりころの田植に間に合うように手作業でしたね。
子供ながらにしてよく手伝いました。
脱穀して家に帰るころには、蛍がどこの溝にも飛んでいました。

絶対逃がす事がないひぶり漁
此方に嫁してから、舅さんに聞きました。

懐かしい話、思い出させてくれて、ありがとう。

2013/06/08 (Sat) 08:45

neko  

Re: 麦秋

みよさん
麦を穫り入れてから田を起こし、田植えをする。
本当に大変な事でした。
「農休み」と休日が指定され、みょうがぼちを作って食す。

懐かしい日本の農家の風景でした。

いもこ  

麦刈りの風景

主人がウォーキングに出かけて行ったのはよいが、予定の時間になっても帰ってこない。

予定よりかなりの時間をオーバーして帰って来て、開口一番「コンバインが麦を刈る風景を見ながら、畑の関係者と思われる方から米や麦を作る話を聴かせてもらっていた」とのことでした。

nekoさんが 書かれているような、日本昔ばなし の風景は浮かんできませんが、きっとのどかで良かったと思われます。

2013/06/08 (Sat) 09:27

かやのたも  

ストロー

大麦か小麦か忘れましたが、麦の茎でストローを作りました。というか、切っただけですが、、、

昨年かなあ?どこかのショップで、天然のストローを売っていました。
まさか中国産ではないと思いますが、、、

2013/06/08 (Sat) 10:19

neko  

Re: 麦刈りの風景

いもこさん

ご主人、がっちり捕まりましたね。
愛想良く返事をしていて帰るに帰れなくなったかもね。

まあ、たまにはそういう事もいいでしょう。

neko  

Re: ストロー

かやのたもさん
足の加減はいかがですか?

ストローというと、蛙のお尻から空気を入れるという事を連想してしまいます。
いえいえ、私はそんな可哀想な事はしませんでしたよ。

みよ  

ストロー

ストローといえば、シャボン玉のストローも麦のかやで作りましたね。
石鹸もよくなかったし、歌のようにしゃぼんだまとんだ、屋根まで飛んだ。とはいかなかったように覚えています。

いつか、昔話でもしましょうか。お茶でいいか?ビールがいいかですね。

2013/06/08 (Sat) 22:27

neko  

Re: ストロー

みよさんはストローでシャボン玉を連想したのですね。
私とは大違いです。

> いつか、昔話でもしましょうか。お茶でいいか?ビールがいいかですね。

「やめられない、とまらない」状態になりそうですよ。