国田家の芝桜

「国田家の芝桜満開近し!」の情報を得、天気予報と自身の都合とをにらみ合わせると出かけるには火曜日しかない。
という事でボランティアの運転手を頼み、出かけた。

きれいに咲きそろっていた。
昨年は5月1日だったから1週間ほど早い開花である。
国田家芝桜1

相変わらず美人で愛想がいい奥さんが気さくに話をして下さる。
テレビ局のカメラもあれこれ写真を撮っていた。
駐車料金も入場料もなしなのでせめて少しは募金箱に入れねばバチがあたる。

その後は、昨年は荘川桜だったが今年はまだつぼみだし花芽も少ないらしい。
ちょうど満開なのが高山市一の宮の臥龍桜である。
電車からちらっと見た事があるが雪が降っていてまだつぼみだった。(数年前の4月21日の事)

せせらぎ街道の「パスカル清見」の先から右折して飛騨小坂の方へ抜けて高山線の飛騨一の宮の駅前へ駐車し、駅のホームから跨線橋を渡ると目の前である。
臥龍桜

根尾の淡墨さくらと同じエドヒガンだとか。
この木も手当を施してこのように開花するようになったらしい。

ここも駐車料金もなしで申し訳ないので蕎麦を食べて少しだけお金を落としてきた。


後は高山へは寄らず、ひるがの高原の水芭蕉へと行った。

情報ではあやめ沢が3分咲きだがその反対側は良く咲いているとあったのでまずそちらへ行ったが無残!な様子だった。
頭を出した所へ雪と寒波がやって来て苞も葉も赤茶けて枯れている。
荘川からひるがの高原への道筋では雪が見られた。
まだ雪が・・・

大日岳も雪が多く残っている。
大日岳

あやめ沢は多少ましだった。
端の方だけはまあまあの状態だが本番はこれからだ。
一番いいところの水芭蕉

水芭蕉が咲いていないので発見できたのが、ザゼンソウが沢山あるという事である。
水芭蕉が群生し出す頃にはザゼンソウは終わっていて水芭蕉の陰に隠れてしまってこれほどの個体数があるとは全く知らなかった。
zazennsou.jpg


国田家の芝桜と臥龍桜、そして花モモやしだれ桜など、標高の違いで咲く花も変わって目を楽しませてくれた。
ユーチューブからダウンロードした「レ・フレール」のピアノをお供に9時間300㌔の2013年飛騨花紀行であった。

国田家の芝桜 2013年と題してユーチューへアップした。
きれいな画像ではないのが残念である。
neko
Posted byneko

Comments 4

There are no comments yet.

みよ  

No title

飛騨地方まで縦横無尽に走り回って、nekoさんの頭の中に地図が入っているのですね。
天候と自分の都合が一致した最高のお出掛けだったのですね。
(たぶんきょうはそちらだと勝手に思っていましたよ。)

ダウンロードした「レ・フレール」のピアノを聞きながら300キロ
(母をたずねてて3千里)じゃなくて<花をたずねて300キロ>
良い1日を過ごされましたね。

「レ・フレール」
空席があったので予約してしまいました。忘れちゃダメよです。

昨日の新聞に国田家のことが出ていました。

皆さんに喜んで似てもらえたらうれしいですとのコメントあり、いい人たちだなーと改めて思いました。

2013/04/24 (Wed) 08:45

neko  

Re: No title

みよさん
これで飛騨地方の花見は終了です。
連休の間はじっとしています。
(もしかしたら訪問者があるかもしれないし)

レ・フレール 同じ時間を共有しましょう!

いもこ  

国田家の芝桜

いやーびっくりしました。

またまた同じ所へ出かけていたなんて・・・

nekoさんは、昨年私が回ったコースと同じで臥龍桜に水芭蕉・・・

臥龍桜が見事に咲いていますね。
昨年私もこんな姿の桜を想像して出かけたのですが、一足遅く今美しい姿を見せてもらえ嬉しいです。

その代りと言ってはなんですが、水芭蕉は綺麗でした。

300㎞の飛騨花紀行お疲れ様でした。

2013/04/24 (Wed) 11:23

neko  

Re: 国田家の芝桜

いもこさん
全く計ったように同じ場所へ行ったのですね。

臥龍桜と水芭蕉を一緒には駄目なのですね。
芝桜も見れたのでまずは満足です。