ワークショップってなあに?

ワークショップとしてSAMURAI YOGAを開催すると予告された。
場所はいつものスポーツクラブだし、主催者は何時ものヨガの先生である。

高齢者同士の友人と「どうする?受けてみる?」と迷いに迷った挙句受講を申し込んだ。
「高齢者の方達の指導もしておられる方なので大丈夫ですよ」との言葉に押されての決断だった。

定員20名中、男性は一人。高齢者は我々の他にも一人おられた。
page2.jpg

本日の講師、ながおふみひろ氏が日本の武道とインドのヨガ(呼吸法や姿勢)をミックスさせて「多くの人が生涯続けられる健康促進のトレーニング法」を編み出されたのが「SAMURAI YOGA」というのらしい。

2時間では先生もほんの一端しか教えようがなかっただろうと思う。

自分としてもよく分からなかった。

講座が終了した後のおまけのレッスン(歩き方や筋膜をを和らげる方法など)の方が実用的だった。

で、ワークショップって何だった?
ググッて見た中では、体験型講座という意味が一番しっくりと来たのだった。

neko
Posted byneko

Comments 2

There are no comments yet.

いもこ  

体験型講座

講義を受けている時は、「ふむふむ なるほど」と思いながら聞いているのですが、日にちが経つにつれ徐々に忘れていきます。そんな情けない頭になりましたが、隅には残っていて役に立つときも・・・・

良い体験をされたお思います。

2013/04/22 (Mon) 10:08

neko  

Re: 体験型講座

いもこさん
いつもありがとうございます。

ちょっとでも頭に残っていれば上等ですよね。