まだまだ続く勘三郎

勘三郎追悼番組の録画したのがまだ見残している。

「髪結い新三」と「なんたら鏡獅子」は観終わってすぐに削除した。
しかし「夏祭浪花鑑」は削除はし難く録画画面から数枚の写真を撮りホームページ上に残した。


久しぶりのページ作成とアップにあっぷあっぷした。
こういう使い方は叱られるかも知れないが許してたもれ!

下の画像クリックでそのページへ直行。但し一部不備があり、自動で画像が変わらないようである。


朝刊に平成中村座や渋谷のコクーン歌舞伎で勘三郎の芝居の演出をしていた串田和美氏の追悼記事が載っていたせいかネットでも色々読んだりしていたので、年賀状作成がお留守になって、一日が過ぎたのだった。

映画「やじきた」のメイキング「大人の学芸会」を見たので、録画してある本番の映画を観るのも楽しみである。
あとは12月30日放映の2007ニューヨーク公演「法界坊」を忘れないようにしなくちゃね。


追記

平成中村座
2000年十八代中村勘三郎(当時は勘九郎)と演出家の串田和美らが中心となって浅草・隅田公演にて仮設で初演。
座員(中村勘三郎、中村扇雀、中村橋之助、中村勘太郎、中村七之助、笹野高史、片岡亀蔵、坂東彌十郎がメイン)
ほぼ毎年「平成中村座」を冠した公演を行なってきた。

neko
Posted byneko

Comments 0

There are no comments yet.