身のまわりの気づいた事・思ったことなどをメモ帳代わりに書いていきます

ローマ数字

6
0
ローマ数字はこんがらかって分からなくなるのが常だった。

Ⅰ Ⅱ Ⅲ Ⅳ Ⅴ Ⅵ Ⅶ Ⅷ Ⅸ Ⅹ
どうして3の次があの形になるのかそこで常につまずいていた。
また10の前の形。

調べてすっきりしたいとおもいつつもずっと後回しになっていたがやっと検索でき、「そうか!」と10までは納得できたし、じっくりと考えればその上も数える事ができそうだ。

以下の索引は英語雑貨屋さんの英語数字-ローマ数字というページから。

ローマ数字

ローマ数字の考え方は一定のルールに基づいています。基本になるシンボルは、1、5、10、50、100、500、1000の数を表す以下のアルファベットです。
ローマ数字表

これらの基本シンボルを使って、以下のように数字を表現します。

1~3 の端数は、単純に「I」を重ねる(2 = II、3 = III)
4、9 の端数は、ベースとなる数字より1だけ少ないものに関しては、ベースとなる数字から1を差し引く(左側に差し引く数を置く)(4 = IV、9 = IX)
6~8 の端数は、「5」を表すVにそれぞれ 1~3 を重ねる(6 = VI、7 = VII、8 = VIII)
2桁以上の数も同様に、20 なら XX、60 なら LX、200は CC などと基本シンボルを組み合わせて表現します。


要するに基本となるシンボルがあり、それらは1.5.10.50.100など決まったアルファベットがあり、それらを組み合わせる。

例のⅣ(4)は5のシンボルⅤから一つ引く(左側にⅠを書く)と憶えればいいのだ。


これで塩野七生さんのローマ人の物語全15巻のローマ数字ですっきり。
緊急救命室シリーズ(再放送中の現在はⅤ)もすっきり。

梅雨の晴れ間みたいに視界が広がった。

6 Comments

There are no comments yet.

toto

理論すっきり 頭混がり “ローマ数字”

お恥しい話、いつも4と6がこんがらがっていた。

nekoさんの愛読書・塩野七生「ローマ人の物語Ⅰ~ⅩⅤ」のように
10巻を越える本には、あまりご縁がない。
シリーズものは読まない。せいぜい3巻(Ⅰ~Ⅲ)程度がいいところだ。

そうか、数学のX軸の“-”と“+”と同じ方向に“ⅤにⅠを書く加える”これでいいのだ。
もう忘れないだろう。

ついでに50はL。100はC。500はD。1000はM。
これを頭にインプットしようとしたが、このコメント途中で消えてしまって、
二度目書いているのだがもう忘れている。
これは覚えられないし、ほぼ使わないだろう。
頭の隅に置いておこう。

ⅠⅡⅢとⅤ、そしてⅩこれの組み合わせで成り立っていることだけインプット終了で
日常生活には困らないだろう。
わかりやすい解説、ありがとう。

ところで、40は、“ⅩⅩⅩⅩ”それとも“ⅩL”?
この理論でいくと“ⅩL”かな。
そして440は“CDXL”ということかな?
あってるかしら。

この3進法的5重視の10進法の表記、よーく考えないと表記できない。
理論すっきり頭混がり。といったところだ。

みよ

No title

子供のころの家の時計にこの数字が使われていた記憶があります。その後何も深く考えなかったのですが、今日ここにきてそうだったのかと半世紀もの間、この数字のことを思い出すこともなかったです。

鳥胸肉
テレビで見て、冷蔵庫の中で塩麹に漬かっています。いろんなれしぴが1度に頭の中に飛び込んできました。さて何から作ろうかな。

  • 2012/06/17 (Sun) 23:47
  • REPLY

かやのたも

数字

仕事をしていた頃、数字をローマ数字やアルファベットで記号化して使っていました。
慣れるまでは大変でした。

  • 2012/06/18 (Mon) 07:48
  • REPLY

neko

Re: 理論すっきり 頭混がり “ローマ数字”

totoさん

10までで十分です。
それ以上の事は考えないようにしましょう。
眠れなくなります。

neko

Re: No title

みよさん
おじいさんの古時計的なのはローマ数字だったのですね。

> 鳥胸肉
> テレビで見て、冷蔵庫の中で塩麹に漬かっています。いろんなれしぴが1度に頭の中に飛び込んできました。さて何から作ろうかな。

作った後から忘れます。
適当に作りましょう!

neko

Re: 数字

かやのたもさん
> 仕事をしていた頃、数字をローマ数字やアルファベットで記号化して使っていました。
> 慣れるまでは大変でした。

どんなお仕事だったのでしょうねえ?
ブログではヒントはありませんか?