飛騨花紀行その3

飛騨せせらぎ街道経由の花紀行は標高の差が花の開花の変化でもあった。

シバザクラ(道沿いの屋敷の石垣や畑の土手など)・ハナモモや桜の各種。
レンギョウ・水仙(清見から荘川あたりではずっと路肩に植えられて花ざかり)・カタクリそしてミズバショウも小鳥峠ではまだまだなのに、900mくらい?のひるがの高原では満開であった。

そして峠道では木々はまだ芽吹いていないのに、低地では色とりどりの新緑がまぶしかった。


国田家隣の畑のハナモモ。
はなももイン明宝


そして小さな花たち。(ザゼンソウは終了であった)
花紀行小さな花たち


大原のカタクリと隣合わせに咲いていたニリンソウ?(一面に咲いていて魅了された)
ニリンソウ

リュウキンカでしょうか?」と題して動画をアップ。
あっと終わる短さ。
風の音と鳥の鳴き声少々。


neko
Posted byneko

Comments 2

There are no comments yet.

toto  

解決し、また花を愛でよう

nekosん、こんばんは。
今日は朝チラッと拝見してアッと…。

以前掲示板でお訊ねした花、これです。
多分間違いないと思います。ハナモモです。解決です。

花の名前、皆さんよくご存知ですね。
基本的な花の名前もよくわかりませんが、
このところnekoさんいも子さんのブログを拝見するうちに、
自然といろんな花に目が行くようになりました。

少し精神的に余裕が出てきたかな?

2012/05/06 (Sun) 00:38

neko  

Re: 解決し、また花を愛でよう

totoさん おはようございます。

ハナモモ、きれいですよね。

飛騨へ出かけた日に、最後までどちらにするかと迷った先が、園原インター方面のハナモモでした。
とてもきれいだと聞いていても、この時期に一度も行ったことが無いのです。

開花が丁度連休の頃なので毎年機を逸しています。
来年行けるかしら?