紛失して喪失

毎月1回通帳記入をし、それらを家計簿に付けている。

4月の1日(日曜日)にそれをしようとまとめてカバンに入れ、プール・お店・お店・銀行1・そして最後に行ったところで自分用の通帳がない事に気が付いた。
「あ、持ってくるのを忘れた」と帰宅して何時もの場所を見たが無い。

それからがパニックで、お店で財布を取り出した時に落としたかもしれないと電話を入れたが両店とも届いていないとの事。
届いたら連絡してもらうように依頼し、もう一度銀行のATMへ探しに行ったが勿論無い。


主人に打ち明けたら、届けは早い方がいいだろうとネット検索で電話すべき所を探してくれた。
緊急連絡先
電話して紛失の登録をして貰った。


明けて2日、開店早々に店舗窓口へ。

「あのう、通帳を紛失したのですが」とそこまで言ったら
「○○子さんですか? 通帳が届いてます」

「渉外の者が今朝持ってきました」とだけで、詳細は分からないままだが「やれよかった」と胸をなでおろした。


それからがお笑いになる。

身分証明(住民基本台帳カード)で本人確認されてから、同じ様式の『紛失届け』と『見つかった届け』に署名捺印をする。
(緊急で紛失の登録をしたため)
書き込みをしながら自分を笑ってしまう。

しばらく待って「これでこの通帳で以前どおり使えます」と無罪放免となった。


それじゃあついでだからと磁気のキャッシュカードからICチップ入りのカードに変更する手続きもしてもらう事にした。
(今なら無料ですと案内ハガキが来ていた)

これまた用紙に書き申し込みをしたがそこには暗証番号を書く項目があった。
前日確認していたから思い出せ、恥をかかなくて済んだが今の暗証番号はややこしすぎるので、今度新カードが届いたら変更する事にした。(ATMで出来るそうだ)

今ではやれよかったと思えるのだが、「ない!ない!」とパニクッた時は本当に落ち込んだ。
めがねなどは大騒動して探す事はあったが通帳紛失事件は、自信喪失の最たる事だった。


店舗で旧友に出会って「わあ!やっとかめやないの~」と思わずハイタッチしてしまい、職員の方に「いい音だったねえ」と笑われた。

彼女は上手に書いた絵手紙を見せてくれた。
龍の絵がとっても素敵だったので「来年はこうやって書いたもので年賀状を頂戴!」と予約した。
ほんの少しだけど話が出来、元気そうな顔が見れて嬉しかった。

neko
Posted byneko

Comments 6

There are no comments yet.

かやのたも  

悲観?

これでしたか?
眼鏡もキーも引換券も、、しょっちゅうですよ!
通帳と判が一緒なら『悲観』でしょうが、これくらいは想定内にしておかないと、、、

解決したときって、テンションが上がりますよね!
何故だかうれしい状態に!

よかったね!

2012/04/03 (Tue) 07:18

いも子  

良かった

何が起きたんだろうと心配でしたが、解決できて安心しました。

通帳だけではどうにもならないから余り心配しないで下さい。

でもnekoさんのパニックの様子を想像すると、ちと気の毒な思いを抱きました。
私も健康保険証を無くして、(出てきませんでしたが) 悪用されたらどうしようと、そんな思いをしたことがありますから・・・

2012/04/03 (Tue) 09:53

neko  

Re: 悲観?

かやのたもさん おはようございます。


お騒がせしました。
外は雨、しかし我が心は晴れてきています。

neko  

Re: 良かった

いも子さん
思わせぶりなログで失礼しました。
やはり、一日経って解決して、自分を笑える状態に戻りました。

無くした事自体が「ああ、ここまで来たか」と自信がなくなったのです。

toto  

よかったです。

これがnekoさんを落ち込ませていた原因だったのですね。通帳だけとはいえ焦りますよね。
明日になれば回復する落ち込みとは何かといろいろ考えてしまいました。

とにかく無事解決よかったです。届けてくださった方(?)に感謝!でしょうか。
相談でき、適切な対処ができる(マーガリンをきっちり食べこなしていく)旦那様がいて、
うらやましい限りです。

ほぼ独占状態だったPC。
ついに相棒の活動が始まり、PC前に落ち着いて座れなくなりました。
が、これが続いてくれることを願っていますが…。頭のトレーニングのために。
一日中頑張って、ようやく今明け渡してもらえました。これが続いています。

2012/04/03 (Tue) 21:58

neko  

Re: よかったです。

totoさん 心配をかけましたね。

高齢者の頭の体操にはPCは欠かせません。
私もこれがなかったらもっと落ち込む事態が出現していた事でしょう。

自由に使わせてあげてくださいね。