「ホテル・ルアンダ」

昨夜、結構重い映画をテレビで観た。

「ホテル・ルアンダ」 というので、知ってる俳優は、ジャン・レノがちょっと出ただけであった。
虐殺自体をこれでもか!と見せる映画ではないが、ルアンダにおける虐殺の時期(100日間で100万人が殺されたといわれる)の事を描いた映画である。

同じ国の民で、農耕民族フツ族・遊牧民族ツチ族とが争う。
軍隊が虐殺をしたのではなく、民兵が蜂起してそれに極普通の人までが隣人を殺す。

元はといえば、支配していた国が(ドイツやベルギー)が民族間の争いの元を作り出した。
独立を境に立場が逆転したりして、難民となって隣の国へ逃げていったり・・・。

映画では、1994年、首都にあるベルギー資本の高級ホテルの現地支配人ポールが家族を守ることから、図らずも沢山の子供やツチ族の人を助けるという話である。
(彼自身は虐殺される方の部族ではないが奥さんがツチ族である)

アフリカで紛争というと欧米のジャーナリスト達が集まって来て、虐殺の報道がされたとしても、「世界の人は『恐いねえ』で終わり、夕食を食べ続ける。」と当のジャーナリストが言うのが印象的だった。
本当にその通りで、この映画を観て「そういえば、そんなことがあったなあ」と思う無関心さを自分も持っている。

ポールは「アフリカのシンドラー」と言われているそうな。

WS000177.jpg  WS000179.jpg  WS000178.jpg
neko
Posted byneko

Comments 2

There are no comments yet.

yu-ri-  

こんばんは この3日間テレビも落ち着いて観ている事が出来ませんでした。
娘達親子が遅ればせながら新年の挨拶を兼遊びに来たからです。久振り、夏休みよりは成長した孫と触れ合う事ができました。道端に生えていた数珠玉を採取してネックレスを作ったり、端切れを使いピンクッションの作り方を教えたり、色々楽しむ事もできました。
 パソコン教室で教えて頂いたホトショップ開き動物キャラクターの画き方を教えたらすぐにマスターしてしまい、自分の頭の固さをつくづく思いしらされました。・・・・・・・(何とかしたいこの頭)

2008/01/14 (Mon) 19:47

neko  

yu-ri-さん

数珠玉、懐かしいですね。
昔は何処にでもあったのですが、今はあまり見たことがありません。

忙しいけど楽しい時間が過ごせてよかったですね。
これから成長する頭と比べても無理です。

2008/01/15 (Tue) 10:57