「ケネディ家の人々」と自分の腰痛

ドラマ「ケネディ家の人々」全8回を観た。

ケネディ家の男性は女好き。
あれだけ周囲の目があるのにスキャンダラスな事が出来るのが不思議だった。
父親しかり、大統領しかり。
ロバートケネディも噂ではマリリンモンローと関係があったとか。
(大統領とモンローの関係は皆が知っている)

最近亡くなった一番下の上院議員も確か同乗していた女性を自動車事故で死亡させ、大統領候補を棒に振ったのでなかったか。

そういう一方で奥さんを「愛している」とか「家族の絆とか大切だ」というのはどういう事?

奥さんたちが耐え忍んだり、逃避したりして何とか家庭を崩壊させずにすんだみたい。

移民の子孫で金も稼ぎ、何とか家といわれる家系でも不幸な死に方をした子供や孫たちが数多くては幸福とは言えないかもしれない。
そういう家系だからこんな風にドラマが作られたのかもしれない。

お父さん・お母さん・ロバート役が特に良いなあと観ていた。

大統領の腰痛のしぐさが、現在腰痛悪化の自分と全く同じなので笑ってしまった。
(椅子に腰掛ける時、よいしょと立ち上がるとき)

自分の腰痛悪化は何が原因なのだろうか?
元気印を取り戻したいが無理は出来ないし、ちょっといらついている。

neko
Posted byneko

Comments 2

There are no comments yet.

-  

どこが悪くても・・・

nekoさん どこが悪くても気分がスッキリしませんね。

無理をしないで、気長に治るのを待ってください。きっと良くなると思うから・・・


「ケネディ家の人々」まだ観ていないわ・・そのうちゆっくりとね。

2011/07/11 (Mon) 14:08

neko  

Re: どこが悪くても・・・

いも子さん こんにちは。

> 無理をしないで、気長に治るのを待ってください。きっと良くなると思うから・・・

一年に一度位の割合で悪くなるようです。
腰の周りの筋肉が硬くなるといけないとかでヨガなんぞ始めたのですが・・・
腹筋を鍛えるのもいいとか。

取り敢えずはお利口にしていますわ。