お墓ってなあに?

月末は定例の膝のヒアルロンサン注射と生活費降ろし。

加えて31日は上天気だったので久しぶりにお墓へお参りに行ってきた。

枯れた花に腐った水。
雑草も生えていた。

本家と実家のお墓にお参りをした。
本家  実家

自分ちの墓を建てるという予定で墓地の権利はある。
勿論まだ墓は建立していない。
墓地予定地

周囲で家族が亡くなったお家がぼちぼち(シャレではない)建立されている。
そこを草とりしながら「ここへ主人か自分が死んで墓を建てても守をする者がいないとどうしようもないなあ」と考えてしまう。

「お墓ってなあに?」などと考え出すと迷いが生じる。

浄土真宗では別にお墓は無くてもいいように聞いている。
あれば子どもたちの負担になるだろう。

ならば、骨になったら師匠寺の納骨堂(これも購入してある)へ納めてもらえばいいのではないか。


あれやこれやと考えていたら真宗講座の昼の部に行き損なってしまった。
そして夜の部も欠席してしまった。




neko
Posted byneko

Comments 2

There are no comments yet.

いも子  

お墓

私たちも自分たち用に墓地は持っていますが、お墓を建立するか否かを考えています。

子供たちには負担を掛けたくないが本音です。
永代供養をしてもらい、何処かへ納められればそれで良しと思っていますが・・・



2011/06/01 (Wed) 19:50

neko  

Re: お墓

いもこさん

> 私たちも自分たち用に墓地は持っていますが、お墓を建立するか否かを考えています。
>
> 子供たちには負担を掛けたくないが本音です。
> 永代供養をしてもらい、何処かへ納められればそれで良しと思っていますが・・・

貴方もそう思いますか?
近所に済んでいてさえ親たちの墓へなかなかお参り出来ない状況と照らし合わせると、新しく建立は迷います。